昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/19

つかさんの意思を引き継いだ劇団で演出を

――5月の舞台は、つかこうへいさんの劇団「★☆北区つかこうへい劇団」から派生した劇団「★☆北区AKT STAGE」の演出を任されていらっしゃるとか。

『飛龍伝2022』の稽古場での錦織さん (撮影:杉山拓也/文藝春秋)

錦織 2010年につかさんが亡くなって。つかさんの意思を引き継いだ劇団ですね。僕は、そこで4、5回くらい演出させてもらっていて、今回は主題歌と挿入歌も歌ってます。

――舞台稽古を見学させて頂きましたが、締めるところは締めつつ、笑顔もありつつ、錦織さんの説明も親身で丁寧な印象を受けました。

錦織 まぁ劇団なので、商業演劇と違って、すごい芝居ができる人とかCMに出て踊っている子から、まだお芝居に慣れ親しんでない人まで色々いらっしゃるんです。ワークショップに近いかな。

演技指導にも熱が入る (撮影:杉山拓也/文藝春秋)

 普段、商業演劇を演出しているときとか、本来は「もうちょっと後ろ下がって」とか「もうちょっとこのセリフを」とか言うのは、僕はあんまり好きじゃないんです。自由にやってほしくて。でも、なぜ、僕がここを歩かせたいのか。なんで後ろを振り向くのか、といった意味が頭にスッと入る子だったら、すぐにイメージがわくだろうし。次回から僕なんかいなくたってすぐわかるから。そうなると僕はいいなって思うし、そのために何かしてますね。

――想像力やイメージも大切なんですね。

錦織 あとは、僕は一人ひとり応援するつもりでやってるだけだから。だから、多少面白くなくても笑おうよって思う。笑うことって応援なんだよね。よくあるんだよ、劇団同士が意地でも笑わないとか(笑)。劇団ごとに並んでるとさ、意地でも笑わないとかあるからね。

 

――さらに8月にも舞台があるとか。

錦織 『サラリーマンナイトフィーバー』ね。演出と俳優の両方やります。一人3役ですね。なんだかんだと、ずっと好きなことが続けられているし、今もとっても忙しくしてるけど、やっぱり「今」が常に一番楽しいです。

INFORMATION

★☆北区AKT STAGE × 錦織一清 × 紀伊國屋ホール
『飛龍伝2022~愛と青春の国会前~』

作: つかこうへい / 演出: 錦織一清 / 脚本協力: 羽原大介
【公演日程】2022年5月20日(金)〜24日(火)
【会場】紀伊國屋ホール
【チケット】全席指定 4,500円(前売・当日とも)
【チケット発売】キノチケオンライン
 

『サラリーマンナイトフィーバー』
作・演出 : 錦織一清
【公演日程】2022年8月27日(土)~10月30日(日)
【会場】大阪松竹座 ほか
【チケット発売】チケットWeb松竹 ほか

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(35枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z