昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ダウンタウンさんを前にすると緊張しますね」“TikTokフォロワー1000万人”芸人・ウエスPが語る“世界一危険なテーブルクロス引き”誕生秘話

吉本芸人・ウエスPインタビュー #2

 2022年4月3日、吉本興業所属の芸人・ウエスPのTikTokのフォロワー数が日本の芸人として初の快挙となる1000万人を突破した。YouTubeのチャンネル登録者は206万人、Instagramは134万人フォロワーとなっており、自身のSNS総フォロワー数は1400万人を超えている。(6月13日時点)

 ウエスPは、全裸の身体の上に乗せた布にティーカップを置いてテーブルクロス引きをするなど、身体ひとつで行う芸が海外で大ブレーク。近年では多くの世界的スターを輩出するオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」のフランス版にも出演し、話題になった。

 そんなウエスPに、海外でバズった芸の誕生秘話や国によっての反応の違い、今後の目標など話を聞いた。(全2回の2回目。前編を読む)

◆ ◆ ◆

©文藝春秋

テーブルクロス引き芸がウケて海外からオファー

――世界的オーディション番組「ゴット・タレント」に出演したきっかけはなんでしょうか。

ウエスP 2017年の夏ごろにTwitterにあげた“扇風機で危険なテーブルクロス引き”っていうのがあるんですけど(笑)。それが5万リツイート、8万“いいね”がついて、海外でバズったんです。その動画がきっかけでアメリカやイギリス、スペインとか各国のゴット・タレントのオファーが5本くらい来ました。あとは、アメリカのテレビ番組で一芸を披露したり、海外メディアの取材を受けたり。

https://twitter.com/uespiiiiii/status/886173407938699264
自身のTwitterより

――その動画1本で海外のテレビ番組に呼ばれるようになったんですね。

ウエスP そうですね。もともと日本人向けにずっと動画をあげていたんですけど、その動画がバズって、その2週間後にはドイツに行っていました(笑)。さすがに急すぎてマネージャーさんも誰も付いてきてくれなくて。今まで大阪までしか行ったことなかったのに初めて1人で海外に行きました。全く英語しゃべれないし、訳わかんないまま1人でドイツに行って、いろんなテーブルクロス引き芸を10分くらいやって帰ってきました(笑)。

z