昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《帯広殺人事件》「関係に疲れてしまった」泥沼W不倫の加害エリート教師に“女性のウワサ”が絶えなかったワケ「彼の結婚相手は別の女性かと…」

genre : ニュース, 社会

 元同僚の高校教師、宮田麻子さん(47)の遺体を雑木林に埋めたとして、北海道警が今月初旬に逮捕した帯広農業高校教師の片桐朱璃容疑者(35)。6月22日、道警は宮田さんの首を絞めて殺害したとして、片桐容疑者を殺人の疑いで再逮捕した。

 2人はそれぞれ家庭を持っており、不倫関係にあったことは、すでに報じられている通りだ。

片桐容疑者

結婚でも不倫相手でも“相性がいい”教員同士

「東京都心ではどうか知りませんがね、北海道の地方では教員や自治体職員などの公務員はエリートなんです。今回の事件では、被害者の宮田さんもその旦那さん、そして片桐容疑者もその奥さんも教員でした。周囲の人の目には、しっかりとした家庭と見られていたんだと思いますよ。

 ただ、保護者対応や生徒指導など教員特有の悩みはありますから。相談がしやすいので結婚相手として教員同士は相性が良いんです。でもそれは不倫相手としても良いってことになるんですよね……」(北海道で教員を務める30代男性)

被害者と加害者が6年間いた高校 ©文藝春秋

 現地ではいまだ衝撃が広がっている。まずは、事件について振り返ってみよう。

 2人は今春まで同じ道内の高校に勤務していたが、お互いに別々の高校に異動。異動してすぐの5月29日、宮田さんは家族に「釧路に行く」と説明をして外出し、片桐容疑者が勤務していた帯広農業高校野球部の試合会場へ向かった。野球経験の長い片桐容疑者は野球部の副部長として指導に当たっていたのだ。そして2人は試合後に会い、事件が起きた。

 片桐容疑者の供述などから、事件当日の詳細も徐々に分かってきた。現地事件担当記者が解説する。

z