文春オンライン

《直木賞受賞》「60歳になるまで、私はあと4年しかないんです」作家・窪美澄が見据える“老い”とこれからの作家人生

『夜に星を放つ』直木賞受賞インタビュー#2

2022/07/22

「60歳になるまで、私はあと4年しかないんです」

――昨日の記者会見で「遅咲きなので残された時間が他の作家よりも短い」から「次々と書いていきたい」とおっしゃっていました。5年以上前のインタビューでも同じことをおっしゃっていたので、ずっとそう意識されてきたんだな、と思って。

 また同年デビューの朝井さんと柚木さんの話になりますが、たとえば朝井さんが60歳になるまではあと30年くらいあるけれど、私はあと4年しかないんです。私はこの先、柚木さんの『らんたん』のような、あんなに書くのに体力を使う小説が書けるのだろうか、とも思います。お二人とも大変に優れた小説家でライバルというのもおこがましいのですが、私にとってはお二人の存在がすごくいい刺激になっていて、どんどん書いていかなくちゃという気持ちになります。

 60代、70代で書いている方もたくさんいらっしゃいますし目標だとは思っていますが、自分の体力がどんどん衰えていくことは分かっているし、精力を注ぎ込める時間はそんなにない気がして。なるべく体調を整えて、精進していきたいです。

ADVERTISEMENT

©文藝春秋

――それだけ、書きたいことが沢山あって、かつ、早く書きたいということですか。

 そうですね。たとえば『夜に星を放つ』と同時期に「小説新潮」で連載していた『夏日狂想』は、明治、大正、昭和を生きた物書きの女の話なんですが、そうした、今の時代から昔を俯瞰して見る作品を書くのはすごく体力も使うし、神経も使うんです。なので早く書いておきたい気持ちがありました。これは9月に刊行予定です。

写真撮影=深野未季、メイク= TOMOMI・小池康友(K.e.y.)

夜に星を放つ

窪 美澄

文藝春秋

2022年5月24日 発売

ふがいない僕は空を見た(新潮文庫)

窪美澄

新潮社

2012年10月1日 発売

《直木賞受賞》「60歳になるまで、私はあと4年しかないんです」作家・窪美澄が見据える“老い”とこれからの作家人生

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー