昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/22

「地元出身じゃないと『どうせ出ていくんだろう』と思われて…」

――顔が知られるようになって困ることはなかったんですか?

塩地 むしろ、最初は誰にも知られていないことに悩んでいたというか(笑)。街で声をかけられるようになることを人気のバロメーターにしようと思っていたんです。上司の方に「1日ひとりファンを作ればいい」と言われてからは、自分から挨拶するようになって。

――突然、塩地さんから話しかけるわけじゃないですよね?

塩地 そうじゃなくて、例えば宅配便にきたお兄さんにも好きになってもらおうと挨拶したり。

――かなり積極的ですね(笑)。

塩地 地道な努力の結果、スーパーで3人くらいの方から「塩地さーん」と手を振ってもらえるようになりました。「地元出身じゃないと『どうせ出ていくんだろう』と思われて、心の底からは応援されない」と聞いていたので、そんな偏見を払拭しようと頑張ったんです。

写真=釜谷洋史/文藝春秋

 ただ、いざ顔を知られるようになると困ることもあって。東京と違って見て見ぬふりをしないし、東京のようにタレントがそのへんを歩いているような土地でもないし、人間関係も狭いので、一転して“見られている”ことを感じるようになりましたね。

「胸元に目が行ってニュースが頭に入らない」という苦情に…

――ストーカーの被害に遭うようなことはなかったですか?