昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

やっぱり私の憧れの人…「ユニコーンに乗って」永野芽郁が「ママのようになりたい」理由

「永野さんは若手のスタッフにも『よろしくお願いします!』と目を見て挨拶をしますし、とにかく明るい。みんながファンになっていますよ」(テレビ局関係者)

 ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)で主演を務める永野芽郁(22)。スタッフをメロメロにさせる彼女自身にはいま憧れている人がいるという。

◆ ◆ ◆

「セリフはお風呂で覚えてる」

 ドラマでは高卒ながら教育系スタートアップ企業を立ち上げた若きCEOを演じる永野は、西東京市に生まれた。9歳で芸能界入りし、2017年には『ひるなかの流星』で映画初主演を飾ることに。同作の新城毅彦監督が振り返る。

「当時、彼女はまだ高校生。制服姿でオーディションに現れて『バラエティでひな壇に座りたい』と(笑)。芝居は抜群に上手いし、満場一致で主演に決めた。勘が良くてパッと役に入り込むことが出来る」

永野芽郁

 18年、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインとなった。同作で永野の担任教師役を演じ、岐阜ことば指導も務めた俳優・尾関伸次はこう語る。

「彼女は僕との雑談だけで方言をマスターしていました。すぐに方言を使ったアドリブまで完璧にできるようになっていて驚きました。現場で台本を開くことも少なく、『セリフはお風呂で覚えてる』んだそうです」

永野(中央)は若きCEO役を熱演(TBS系『ユニコーンに乗って』HPより)

“共演者キラー”の佐藤健から頻繁に電話が

 永野が日本アカデミー賞など数々の主演女優賞を獲得した映画『そして、バトンは渡された』(21年公開)の前田哲監督も続ける。

「印象的だったのは、食事のシーン。他の女優さんだと遠慮がちに食べたりするものですが、彼女は口いっぱいに、食べ物を頬張る。潔くてかっこいい役者だと感じましたね」

 監督も共演者も異口同音に「現場が明るくなる」と語り、誰からも好かれる永野。しかし、これまで浮いた話が取りざたされたことはない。

「朝ドラで共演した佐藤健は、“共演者キラー”として知られ綾瀬はるかなど数々の女優との関係が報じられました。永野にも頻繁に電話をかけていたそうですが、彼女は『出たくない』と戸惑っていた」(前出・テレビ局関係者)

z