昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/01

ーー東京から離れることで、視野が狭まったと。

アンナ 東京にいるといろんなことが次から次へ起きるから、そっちに集中するんですよ。真鶴だと、やることがないし、お友達もいない。ママと向き合って、ママのお世話をするだけの、私とママだけの生活。

 2人だけだと煮詰まっちゃって。私が夕方の6時に寝ようとすると、「もう寝ちゃうの?」とママが悲しがるんです。それで、私も「何時に寝ようが関係ないじゃん」みたいに思っていて。そういうイヤな雰囲気が生まれてしまうというか。

ーー悪い言い方になりますが、2人して老け込んでしまう危険性が。

アンナ ママがボケちゃうかもと思ったからいろいろやってたんですけど、やっぱり限界があって。東京はいろんなものが無限にあって、選び放題じゃないですか。自分のその時の状態に合うものを自由に選んでいけるのが都会で。

 父の生前からお付き合いがあって、なにかあるとすぐに来てくれた真鶴の方たちとは、関係もよくて、人間関係でトラブルが起きたということはないんです。ただ、私はいつも忙しくしたり、人に会うのが好きだし、誰かと話していることにすごく救われていることがたくさんあって。

 

移住の決定打となった「事件」

ーー真鶴での暮らしで感じていたモヤモヤが、積もりに積もって。

アンナ それで、ボイラーが故障したんですよ。12月25日に東京での用事をすべて終わらせて、年末年始を過ごすために食材を買って真鶴の家に帰ったら、ボイラーが壊れてたの。ボイラーがダメになったらエコキュートに切り替えられるようにしていたんだけど、それも壊れていて。「なぜ? どうしたんだろう?」って、原因究明に6日間も掛かったんですね。

 原因は、4階のリフォーム業者の方が配線を間違えちゃったみたいで。年末に特別に業者さんが来てくれて、直していただきました。

ーーその間は、お風呂に入れなかったわけですか。

アンナ はい。毎日、お風呂難民。まず、向かいのお家の方が貸してくれて、その後、隣の方も。みなさん、おうちを別荘として使ってる方々で、東京で仲良くさせてもらっているんだけど、わざわざ鍵を持ってきてくれて「使って、使って」と言ってくれて。

 あとは湯河原温泉とか奥湯河原に行ったりしたんだけど、真冬だから行くまでが寒いのよ。温泉に浸かっても、帰りがまた寒くて辛かった。お向かいとお隣のお風呂をお借りした時も、1時間くらい暖房を付けて、お部屋も温めさせてもらって。