昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「紅しょうが天そば」(460円)は美しい揚げ姿…サーフィン好きな店主が北大宮で「立ち食いそば店」を始めたワケ

2022/09/27

genre : ライフ, グルメ

 JR高崎線宮原駅近くに大衆そば店「蕎麦 陽まり(ひまり)」が今年5月9日にオープンした記事を書いたばかりだが、今度は東武アーバンパークライン北大宮駅近くに立ち食いそばの新店「波音(なみね)」が9月7日にオープンしたとの情報が入って来た。

 北大宮駅は在住者以外なかなか降り立つことの稀な駅だと思う。さっそく「文春オンライン」でおなじみの鼠入昌史さん風に「北大宮駅には何がある」的好奇心で行ってみることにした。

北大宮駅で下車

 JR上野東京ラインに乗り大宮駅で下車。そして中央改札を出て北東方向にある東武アーバンパークライン乗り場に向かう。2014年3月までの名称は東武野田線。なんとなく旧名称の方が懐かしくしっくりする。1面2線のホームから各駅停車に乗り、すぐ1つめが北大宮駅である。約1分で到着だ。

大宮駅の東武アーバンパークライン乗り場
各駅停車柏行に乗る
大宮駅から1つめの北大宮駅
がらんとしたホーム、大宮行に乗る客は多い

 改札を出て東側の階段を降りる。すぐに駅前の道があり、それをJR宇都宮線が並走する線路沿いに北に歩いていくとすぐに黄色いテント看板の店の外観がみえてくる。 

改札を出て東側に降りる
JR宇都宮線が並走する線路を左手にみながら進む
すぐに黄色いテントの立ち食いそば屋「波音」の外観がみえてくる

 店の外観をよくみてみる。ガラス窓枠が流木でデコレートされている。さらにモルタル地に白いペンキでサーフボードを持つ女性や担ぐ若者のイラストが描かれている。