昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本最北端になぜガンダムマンホール「黒い三連星」が?「3市町が縦に並ぶ…これこそドムの“ジェット・ストリーム・アタック”!」《町職員の熱すぎる思い》

北海道豊富町役場職員インタビュー#1

2022/11/13

genre : ライフ, 社会

 今年4月、北海道の最北端3市町(稚内市、豊富町、天塩町)に『機動戦士ガンダム』のイラストマンホールが設置された。絵柄は各市町に《ガンダム》と《ドム》が1種ずつ、計6枚だ。

3市町に設置された『機動戦士ガンダム』のマンホール。左から稚内市、天塩町、豊富町 Ⓒ創通・サンライズ 撮影/前島環夏

 ドムは、地球連邦軍が戦う敵・ジオン軍のモビルスーツで、「黒い三連星」と呼ばれる3機のチームで登場する。ガンダムへの攻撃名「ジェット・ストリーム・アタック」は、3機が直列に並び時間差攻撃を仕掛けるもので、ガンダム戦闘シーンの中でも名場面のひとつとされる。

 しかし、ジオン軍のモビルスーツで最も有名なのは、《ザク》だ。赤色のザクを表す「シャア専用」という言葉は、放送から43年経った今夏、マクドナルドのコラボメニュー名に使われたほどだ。

 このマンホール誘致を主導したのは、人口約3,700人の豊富町(とよとみちょう)役場の職員だという。令和の世になぜ、昭和ガンダムなのか。絵柄はなぜ、有名なザクではなくドムが選ばれたのか。謎を解くため、豊富町に向かった。(全3回の1回目/2回目を読む)

◆◆◆

町で2作品目となる「アニメ系マンホール」

山形 はるばる豊富町までお越しいただきありがとうございます。豊富町建設課・上下水道係の山形です。今日は町長もおりますので、同席いたします。

河田 豊富町をぜひ全国に宣伝してください。

左から、豊富町職員の山形雅弘氏、豊富町長の河田誠一氏  撮影/前島環夏

──町長まで……恐縮です! まず、山形さんは豊富町のマンホール担当、なのでしょうか?

山形 はい。私は上下水道係として、飲み水などの上水道、そして下水道の両方を担当しています。

 業務のひとつにマンホールの点検や下水道普及のための広報周知があり、これまでにも下水道普及啓発と観光振興を目的に、マンホールカードを発行するなどの事業展開をしています。

──なるほど。その一環で、ガンダムマンホールを設置したんですね。

山形 はい。アニメ関係のマンホールは、2019年のポケふた(ポケモンのマンホール)設置以来で、これが2作品目となります。

20代の担当者が、なぜ昭和ガンダム?

──ガンダムは歴史が長いですが、今回マンホールに描かれたガンダムとドムは、1979年放映のシリーズ第1作『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツです。

 でも山形さん、お見受けした感じでは、お若い……ですよね?

豊富町職員の山形雅弘氏  撮影/前島環夏

山形 私は1992年生まれで、今29歳です。

──20代ですか。では、ガンダムとの出会いは?

山形 初めて見たのは、再放送でやっていた『機動武闘伝Gガンダム』です。中でも、マスターガンダムに惚れ込みました。