文春オンライン

「痛いという言葉すら発することができない」奈良の女子大学院生が作った“月経痛体験装置”を男性記者が体験したら… 開発者は「無理強いはしたくないですね」

 身近な女性が学校や仕事を「生理痛で休みたい」と言った時、あなたはどう思うだろうか。「大変だな」といういたわりの気持ちか、「何を大げさな」とあきれる気持ちか、その両方ということもあるだろう。しかし確かなのは、たとえ女性同士であってもその痛みは本人にしか分からないことだ。まして男性には、生理痛の痛みがどういったものなのかを想像することすら難しい。

 記者は男性だが、妻がつらそうにしている様子を見ると「きっと大変なのだろう」とは思いつつも、食あたりみたいな感じなのだろうか、と実感の湧かない想像しかできずにいた。

生理痛を体験する「月経痛体験装置」のパッド部分 ©文藝春秋 撮影・山元茂樹

 そんな時、誰でも生理痛を体験できる装置があるという情報が飛び込んできた。「いい機会だから体験してきなさい」と妻に背中を押され、単身奈良へ向かった。

 そこで待っていたのは、想像をはるかに超える“痛み”だった――。

その名も「月経痛体験装置」が記者を待っていた

 JR奈良駅から降りて、奈良の街を車で10分ほど走ると奈良女子大学が見えてくる。前身の奈良女子高等師範学校から数えると創設100年以上の伝統あるキャンパス。学生が通う研究棟の一室で、その名も「月経痛体験装置」が記者を待っていた。

「この装置は2019年に開催された『国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト』というVRの大会に出す作品として制作しました。2018年に企画を提案した際は書類選考であっけなく落とされてしまい、『自分たちだからこそ作れる作品はなんだろう』と反省したんです。そこで、工学系の大会で参加者に男子学生が多かったので、女性ならではのテーマが良いのでは、と生理痛を体験できる装置を思いつきました」

開発者の1人、麻田千尋さん

 こう語るのは「月経痛体験装置」の開発者の1人である麻田千尋さん。麻田さんは既に同大学院を卒業して県外に住んでいるため、オンラインでの取材となった。実際に体験の準備や装置を操作してくれたのは奈良女子大学研究院工学系の佐藤克成准教授である。