文春オンライン

2023年の論点

「自慰行為をしすぎると死ぬ?バカになる?」…アダルトサイトで歪んだ情報を集めた高校生に必要な“性教育”とは?

2023/01/13

source : ノンフィクション出版

genre : ライフ, ヘルス, 教育

 悪質な集団性的暴行事件や「デートDV」が大きな社会問題となる今日、自分の子どもが性犯罪の被害者・加害者にならないか心配する親世代が増える一方、日本の学校における性教育は、長い間大きな変化もないまま、いまも十分に行われていません。

 文部科学省による学習指導要領では「性教育」という言葉は使われず、「性に関する指導」と表現されていて、授業時間や内容などは学校任せです。そのため、学校や教師の熱意の有無によって、大きなばらつきがある状況です。

学校での性教育では「性交」は扱わない

 学校で性の何が教えられるのかというと、「生殖としての性」「産むための性」など女性の生殖の仕組みが中心です。しかも中学校の学習指導要領の中には、受精については教えても、受精に至る過程、つまり性交に関しては扱わないという「はどめ規定」がいまだにあるのです。

 その背景には、子どもが性交について関心を持つのはよくないという性に対する否定感があり、知ると良くないことをするという、子どもへの不信感があると思われます。遡ると、日本人の性の意識が変わったのは、明治時代につくられた大日本帝国憲法のもとで家父長制度や男尊女卑の考え方が徹底されたことによります。女性は子どもを産む存在として男性に従属する世界に押し込められていきました。そして女子には純潔を求める一方、男子の性は野放しという男女別の性教育・性のあり方が戦後も引き継がれてきたのです。

©iStock.com

 さらに2002年頃には、保守的な政治家たちが「過激な性教育は性行為を助長する」などとして、「性教育バッシング」が起こりました。こうした結果、諸外国では、理科の生物の時間などで「人間の性」について、科学的な性の学びが行われているのに対して、日本では、道徳教育として扱う考え方が根強く残っています。

『「若者の性」白書』によると、「膣外射精は、確実な避妊の方法である」かどうか、「ピルの避妊成功率はきわめて高い」かどうか、「排卵は、いつも月経中におこる」かどうかといった性知識を高校生・大学生に問う全国調査では、約10年前と比べてむしろ正答率の低下が顕著に見られるのです。