文春オンライン

「急に拉致られて殺されるよ」「突き殺す!チェスト!」乃木坂46CM起用の上場会社MCJ社長が元恋人への“壮絶DV”で刑事告訴《ヤクザの名前で脅迫も…》

genre : ニュース, 社会

「交際中、髙島からヤクザに頼んで『殺す』『攫う』と言われ続けていたんです。今でもいつか急に攫われて殺されたりするんじゃないかと不安で……。周囲からは『考えすぎだよ』と言われることもありました。でも、聞いたことのあるヤクザの組や人の名前を出されていたのでまったくの嘘だとは思えなくて。今でも殺されるんじゃないかって恐怖心に押しつぶされそうなんです……」

 髙島とはグループの総資産600億円を超える上場企業「MCJ」代表取締役・髙島勇二氏のこと。涙を浮かべながらこう話すのは、髙島氏と約1年半にわたり交際していた小嶺香織さん(20代・仮名)。香織さんはすらりと背が高く、整った顔立ちは福原遥に似ているだろうか。

告発をした香織さん(仮名)。福原遥似の儚げな美人だ ©文藝春秋

 香織さんは、髙島氏から日常的に受けていた暴行について「週刊現代」(2022年11月19・26日号)で告発。そして12月14日、香織さんはついに髙島氏から複数回暴行されたとして刑事告訴に踏み切った。香織さんの代理人弁護士曰く、「告訴状とともに暴行状況時の音声や映像等の証拠類を提出し、同日、麹町警察署で受理されました」。刑法に詳しい法律家はこう解説する。

「告訴状を受理すれば、警察には捜査を尽くす義務が生まれます。そのため受理されるには一定のハードルがある。今回のケースで即日受理されたのは、暴行を裏付ける客観的な証拠があったことが大きかったとみられます」

 その告訴状には、いまだ語られていなかった髙島氏の悪行についても記されていた。香織さんに刑事告訴に至るまでの経緯や、髙島氏から受けた脅迫や暴行のすべてについて改めて聞くと、それは想像を絶するものだった――。

◆◆

出会いは高級タワマンでのパーティー

《♬マウス~マウス~パソコンマウス~》

 乃木坂46のメンバーが軽快に歌うキャッチーなCMで一躍知名度を上げた「マウスコンピューター」。現在はタレントのホラン千秋を起用するなど、有名タレントが出演するCM戦略で世間の認知度を高めている。

「マウスコンピューター」はMCJの子会社で、髙島氏は同社の創業者だ。髙島氏は1998年にパソコン製造販売を行う有限会社「エム―シージェイ」を立ち上げ、社名を変更したMCJは2004年に東京証券取引所マザーズで上場。MCJは髙島氏が一代から築き上げ、2022年3月期の売上高では1912億円を超える大企業に成長した。

髙島氏と香織さん。昼間の髙島氏は穏やかで魅力的な人物だったという(香織さん提供)

 香織さんが髙島氏と出会ったのは2020年2月頃のこと。髙島氏が所有する港区のタワーマンションで開催されたパーティに参加したことがきっかけだった。

「その日、友人から誘われパーティに行くと2、30人くらいの男女がお酒を飲んでワイワイと盛り上がっていました。私はあまりその場の空気に馴染めず、1時間ほどで帰ることにしました。その帰り際に主催だった髙島に挨拶をすると、髙島から『連絡先を交換しよう』と言われ連絡先を交換することになりました」