昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《堺市美人女子大生殺害》交際相手(23)を狂わせた“異常な嫉妬心”の正体「刺し傷を負って4階から落下した被害女性を追いかけ執拗に何度も…」

genre : ニュース, 社会

「助けて!!!」

 深夜、閑静な住宅街に若い女性の叫び声が響いた。

 8月26日夜、大阪府堺市で大田夏瑚さん(20)が包丁で刺され、その後搬送先の病院で死亡が確認された。大阪府警はその場で血のついた包丁を手にしていた大学生、山本巧次郎容疑者(23)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

「殺そうとしたかは覚えていない」

 こう供述する山本容疑者だが、その異常とも言える執拗な犯行が徐々に判明してきている。府警担当記者が事件の概要を解説する。

「死因は胸部などの刺し傷による失血死。刺し傷は肺や心臓にまで達するほど深いものもあり、全身に十数カ所ありました。2人は交際関係にあり、同棲していたこともあったようですが、事件当日にトラブルになり、山本容疑者が同棲する部屋で大田さんを刺したとみられています。その後、大田さんは4階の部屋から何らかの理由で転落しました」

事件現場となった大田さんのマンション ©文藝春秋

「4階から転落した大田さんを複数回刺した」

 包丁を向ける恋人から必死の思いで逃げたのか、山本容疑者が突き落としたのかはまだ分かっていない。山本容疑者は取り調べに対し、「(大田さんが)飛び降りた」と説明しているという。

「大田さんは部屋から落下した衝撃で、肋骨や骨盤を骨折。さらに、山本容疑者は彼女を追いかけるように部屋を飛び出し、マンション脇の路上で助けを求める大田さんを再び複数回刺したとみられています。山本容疑者が持つ包丁から滴り落ちたのか。マンションの階段からも血痕が見つかっています」

 事件が起きたのは4階の角部屋。大通りから1本入った側道に面しており、大田さんが転落したとみられる場所には、血のような痕跡が残っていた。

大田さんがベランダから落下した場所 ©文藝春秋

 刺し傷を負い、骨盤などを骨折した満身創痍の状態で、大田さんはここで周囲に助けを求めたのだ。包丁を手に階段を駆け下りてきた山本容疑者を目にした時、どれほどの恐怖を感じたことだろうか。凄惨な事件が起きた現場には、多数の飲み物などが手向けられている。

 2人の間に何があったのだろうか。

z