文春オンライン

連載シネマチャート

「16歳で恋に落ちた同級生」と7年ぶりに再会、再び激しく恋に落ちるが…女1人と男3人の裏切りと修復を描く 「離ればなれになっても」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 1982年ローマ。16歳のジェンマは同級生のパオロと恋に落ち、彼の親友ジュリオとリッカルドと共に青春を謳歌する。だが、母親の死を機に、ジェンマはナポリへと引っ越すことに。

 1989年、大学を卒業したパオロ(キム・ロッシ・スチュアート)はラテン語と国語の臨時教員として働き始め、ジュリオ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は国選弁護人になり、リッカルド(クラウディオ・サンタマリア)は映画業界へと進んだ。ある日パオロは、恋人とローマに遊びに来ていたジェンマ(ミカエラ・ラマツォッティ)と街で偶然再会。再び激しい恋に落ちるが……。

〈解説〉

 1982年から2022年の40年間で、出会いと別れを繰り返す女1人と男3人の愛と友情、裏切りと修復を描く人生ドラマ。監督は『家族にサルーテ! イスキア島は大騒動』のガブリエレ・ムッチーノ。135分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆男同士の友情と幼い恋のゆくえという構図だが、芯になる女の真意がよくわからず。小鳥の演技と町の風物を楽しむことに。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆容姿や身振りが派手な割には、心のスペクタクルが乏しい。「再会映画」のレシピ通りだが、無意識の混沌に届いていない。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆発情期の青春時代が濃厚で、各々の現実を肌身に感じる時間の経過も絶妙。自分にも再会したい相手がいるか、つい回想。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆80'sからの青春の続き。大文字のイタリアらしさに彩られた悲喜交々と友情のドラマ。「時間こそ主役」の感動は普遍!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆イタリア人らしいパッションで包んだ長い人生のまにまに漂う。友達断捨離より紆余曲折ある友との人生の豊かさを覗く。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2020 Lotus Production s.r.l. - 3 Marys Entertainment

INFORMATION

『離ればなれになっても』(伊)
12月30日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
https://gaga.ne.jp/thebestyears/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー