文春オンライン

「『遺伝子は整形できない』と否定の声もあるけど…」整形に1000万円かけた元ヤンキーの平瀬あいり(26)が明かす、整形後の周囲の反応

平瀬あいりインタビュー#3

2023/07/22

genre : エンタメ, 芸能

「遺伝子は整形できない」と否定する意見が多数

ーー地元でザワつかれているなんてことは。

平瀬 中学、高校の同級生とは会ってないのでわからないです。「俺のこと覚えてる?」みたいな感じのDMが来たりしますけど、こっちとしては仲が良かったかさえもわからない人が多いのでなんとも。

ーー整形後に言われた言葉や取られた態度で傷ついたものってありますか。

ADVERTISEMENT

平瀬 整形をいいと思ってない人からのアンチ・コメントはもらいますね。私がSNSで整形を前面に出しているのもあるからだけど、そこはデメリットというか。

 Twitterでは「遺伝子は整形できない」ってめっちゃ言われますね。否定してくる意見は、基本イヤです。メンタルが弱っているときはやられます。「わざわざ言わなくてもいいのに」って思いますね。

 

ーー「1000万円以上かけて整形し、仕事もプライベートも充実してる私見て傷つけてきたヤツらどんな気持ち?」とツイートしていましたが、そうした人たちと整形後に対面したことは。

平瀬 ないですね。会う気も起きないというか。私は『BreakingDown / ブレイキングダウン』のラウンドガールをやっているので、むしろケンカを売りに来てほしいです(笑)。

手術前は昔の嫌だったことがフラッシュバックする

ーー顔にまつわる辛かった出来事がフラッシュバックすることはありましたか。

平瀬 フラッシュバックは、ずっとしてます。だから、いま私のメンタルが落ち着いてるかって言われたら、微妙な感じではあるんです。夢に出ることもあるんですけど、映画とかドラマを見ていて私が経験した出来事に似たシーンがあるとフラッシュバックしちゃいますね。

 

 あと、大きな手術をするときも思い出します。静脈麻酔とか全身麻酔をして、だんだん意識が朦朧としてきて、意識がなくなる寸前になっていろんな考えが湧いてきて。昔のことがフラッシュバックしてくるんですよ。

 痛いのがすごく苦手でビビリだから、大きい手術をするときってすごく怖いんです。でも、手術台に寝て今まで言われたことや嫌だったことがすべてフラッシュバックしてきた時は、「こんなこと言われてきた人生に比べたら、この痛みのほうがマシだ」と思って、毎回手術に挑むんです。

関連記事