文春オンライン
「俺だけはずっと味方だから」耳をライターであぶられたり、酒瓶で殴られたことも…それでも「DV彼氏」と別れられなかった女子高生の特殊事情

「俺だけはずっと味方だから」耳をライターであぶられたり、酒瓶で殴られたことも…それでも「DV彼氏」と別れられなかった女子高生の特殊事情

『摂食障害モデル』 #3

2023/09/30

genre : ライフ, 社会

 下剤を飲んでまでダイエットしたにもかかわらず、事務所の社長の一声で「アイドルになる夢」が潰えた中学時代の関あいかさん。夢を失ったものの、その後は自分を囲う呪縛からは解放され、平穏な生活を取り戻すはずだったが……。

 暴力をふるうDV男と出会い、別れられなかった理由を、タレントの関あいかさん(26歳)の新刊『摂食障害モデル 165センチ、32キロだったわたしへ』(彩図社)より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

関あいかさん(26)が高校時代に出会った「ヤバいDV男」とは?(画像:本人SNSより)

◆◆◆

ADVERTISEMENT

普通の高校生

 全てに対してやる気をなくしたまま、私は中学校を卒業した。事務所とは書類で正式な契約を結んでいたわけではなかったし、連絡を取らなくなって徐々に疎遠になっていった。

 埼玉から東京の池袋にある通信制高校に通うことになった私は、すごくスッキリした気分だった。芸能のことも、自分の見た目のことも、全く気にしなくなった。これでようやく、色々な呪縛から解放されることができたのだ。心も身体も満足したのか、1年くらい続いた過食も落ち着いていた。

 そんな解放感がそうさせたのか、私は高校に入ってからわずか数カ月で、なんと家出をすることになる。

 実家から学校へは、電車に乗って通った。毎日同じ車両に乗って、同じ駅で降りる。自分が「普通の高校生」になれたみたいで、そんな些細なことでもなんだか嬉しかった。

 ある日、改札を出るところで男の人に声をかけられた。

「お姉さん、ちょっといいですか?」

 見覚えのある顔だった。毎朝、私が乗るのと同じ車両に乗っている人だ。たぶん、このあたりの大学生か何かだろう。

「僕、大学のサークルでイベント主催してて。もしよかったら、今度遊びに来ませんか?」

関連記事