文春オンライン

「『うる星』16ページを3日間で」「先生は物語を“作って”いないみたい」…担当編集者を驚愕させた、高橋留美子の創作術に迫る!

高橋留美子・歴代担当編集者インタビュー #3

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : エンタメ, 読書

note

「先生は休む気なんて毛頭なかった」

―― 最後に、るーみっくわーるどの代表的キャラクターである電撃鬼娘・ラムちゃんと『週刊少年サンデー』に引っかけて、「高橋先生にシビれたエピソード」を教えてください。

有藤 やっぱりバイタリティが凄まじいですよね。私が担当していた時は『うる星』に加えて、『めぞん一刻』を隔週で同時連載中だったんです。単純に計算して、月に6本の漫画を描かれていた。

―― あんなにキャラがギュッとひしめく賑やかな作品を、そんなハイペースで。

ADVERTISEMENT

有藤 そうなんですよ。しかも休載がまったくなかった。すでに『サンデー』『ビッグコミックスピリッツ』両誌で押しも押されもせぬ看板作家でしたから、どちらの編集長も「絶対に毎号載せ続ける」つもりだったでしょうけど、そもそも高橋先生自身が休む気なんて毛頭なかった。こっちがついていくのに必死でした(笑)。一週間があっという間に過ぎるんですよ。「もう次の話の打ち合わせか、行かなくちゃ」とびっくりするくらい。

『めぞん一刻』より。目まぐるしいスケジュールのなか、カラーカットも多数描き上げた/X(旧Twitter)「高橋留美子情報」より

―― その後『めぞん』は週刊連載になり高橋先生はますます多忙を極めますが、『らんま1/2』連載時に腹膜炎で入院するまで、ただの一度も原稿を落としたことがなかったそうですね。初めて落とした時はあまりのショックに「鼻血が出た」と述懐されています(『るーみっくわーるど35 ALL STAR』インタビューより)。

有藤 それだけのプロ意識とエネルギーをもって漫画に向き合っていらっしゃいますから。私の担当時代のスケジュールでいうと、『うる星』の制作に4日間、『めぞん』には6日間を充てていたんです。でも毎回マシーンみたいに原稿を上げられるわけがないので、予備も1~2日設けていました。

―― とはいえ、1カ月ほぼ余白無しで描き続けていらっしゃった。

有藤 ええ。「めぞんの進行が遅れたので、うる星は3日で上げます!」なんてこともありました。

―― 1回16ページ分の、打ち合わせからネーム(漫画の設計図)、下書き、ペン入れ、仕上げまでを3日で完了するということですよね……?

有藤 はい。そんな時でも先生は絶対にストーリー作りに手を抜きませんから、みっちり打ち合わせしてそのままネームに入って、作画は1日。3日でできるわけです。

森脇 16ページの作画、それもあの密度をほぼ一晩で? 高橋先生は今も速筆ですが……すごすぎて震えますね。

「『うる星』16ページを3日間で」「先生は物語を“作って”いないみたい」…担当編集者を驚愕させた、高橋留美子の創作術に迫る!

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー