週刊文春 電子版

無料公開中

【特集】サッカーW杯開幕 日本サッカー異聞

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ
 

 11月20日にカタールで開幕したサッカーW杯。森保一監督率いるサムライジャパンの初陣は23日のドイツ戦。同組には他にも、2010年南アフリカ大会で優勝のスペイン、2014年のブラジル大会でベスト8のコスタリカと強豪がそろう。ただ、史上最多となる海外クラブ在籍者を有する日本代表にも勝機はあるはず――。そこで、良くも悪くも世間を熱狂させたサッカー日本代表選手たちの逸話をもう一度振り返る。

購読はこちら

 

W杯異聞「ケイスケ・ホンダの逆襲」

 

〈ケイスケ・ホンダは最高の“ジョーカー”だ!〉(ロシア『スポーツ・エクスプレス』)

〈ホンダは決して終わらない〉(イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』)

 海外メディアがこぞって賞賛するのは、24日のセネガル戦で同点ゴールを決めた本田圭佑(32)だ。

 

記事を読む

 

“W杯のキーマン”鎌田大地の父が明かす「雑草人生」と「豪邸プレゼント」

 

「W杯メンバーに選ばれた後、『頑張れよ』とLINEすると『頑張るわ!』と頼もしい返信がきましたね」

 こう明かすのは、11月20日に開幕したサッカーW杯カタール大会の日本代表MF・鎌田大地(26)の父、幹雄さん(53)である。

 

記事を読む

中村俊輔が現役引退へ W杯2度の屈辱が鍛えた“衰えないサッカーへの情熱”

 

 技術は衰えない。中村俊輔を見ていると、つくづくそう思う。

 41歳を超えても見惚れるほどのキックやパスでスタンドを沸かせてきた。プレースキッカーとしては44歳になった今なお、日本屈指の存在であり続けている。

 

記事を読む

中村俊輔選手の引退を聞いて思い出した「手土産」

 

 サッカー元日本代表の中村俊輔選手が、今季限りで引退するとのニュースが流れました。年齢は44歳、選手生活26年。ここまで長くやったんだと感慨深いものがあります。

 

記事を読む

堀池巧 順天堂大サッカー部監督を外された暴言疑惑

 

「監督が原因で、監督と選手の間に亀裂が生じています。このままではチームが空中分解してしまう、と選手が立ち上がったのです」

 こう語るのは順天堂大学蹴球部(サッカー部)のOBである。

 

記事を読む

サッカー日本代表DFが2度の中絶要求証拠文書

 

「彼はサッカー日本代表として活躍し、家庭も築いて順風満帆です。でもその陰で、A子は彼に人生を滅茶苦茶にされたんです」

 そう語るのは、静岡県内に住む20代の女性A子さんの友人女性である。

 

記事を読む

批判されても「ブラボー!」 長友佑都はなぜ嫌われるのか

 

 サッカーW杯アジア最終予選を戦う日本代表DF・長友佑都(35)への批判が止まらない。1月27日の中国戦後には、城彰二ら代表OBからも先発出場を疑問視する声が上がった。

 その理由の一つを、スポーツ紙記者は「体力、脚力が明らかに衰えているからです」と指摘する。

 

記事を読む

カズ54歳 兄の厳しい一言も次男の格闘技には「もうやめて」

 

 1月2日の朝、静岡市内の小学校に白銀のベンチコート姿で登場した“キングカズ”こと三浦知良(54)。背番号「11」のビブスを付けて中学生との試合に臨むと、兄・泰年(56)のスルーパスから右足でゴールを決めるなど4得点の活躍を見せ、会場を沸かせた。

 

記事を読む

出資ファンド崩壊 本田圭佑 投資もサッカーもコケた

 

 プロサッカー選手でありながら、実業家の顔も持つ本田の呼びかけで、大物経営者や著名投資家が集結した“セレブファンド”がわずか9カ月で崩壊。さらに本業のサッカーでも……。

 

記事を読む

サッカー天皇杯「PK戦やり直し」 奈良クラブ理事長が心中を激白

 

「サッカー協会は当初、勝敗をひっくり返してウチの負けにしようとしていました。そりゃ不可解ですよ。結局、『PKやり直し』になりましたが、納得いきません。だって俺らの勝ちだもん」(奈良クラブスタッフ)

 

記事を読む

フジ永島アナ熱愛の陰で、パパが豪邸を差し押さえられていた

 

「いや、知らなかったです。どんな人かも知らないんで。(報道後に)ちらっとは話をしましたけど……。まあ、いい大人なんでね。親がどうこう言うのも」

 元Jリーガーの永島昭浩氏(53)は、愛娘のフジテレビ永島優美アナウンサー(26)の熱愛報道に苦笑を浮かべたのだが――。

 

記事を読む

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる