昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フジ久代萌美アナが明かす「テレ朝に入りたかった」発言の真相

テレビっ子・フジ久代萌美アナ インタビュー#1

タモリさんに言われた「やる気を出しちゃダメ」

―― タモリさんに言われたことは何かありますか。

久代 初めて言われた言葉が「俺に興味ないだろ」と。

 

―― 「俺に興味ないだろ」(笑)。タモリさんらしい!

久代 すごくびっくりで。興味しかないし、タモリさんのことが大好きですごく見ていたのに「俺に興味ないだろ」と言われて、「えっ、ありますよ!」って。「何でですか?」と訊いたら、『いいとも』のアルタスタジオで、初めてタモリさんと会った時、新人3人でご挨拶に行ったんです。他の2人はタモリさんのことをジーッと見ていたらしいんですよ。なのに、「久代だけ『笑っていいとも』の看板をずっと見て、俺に一度も目を向けなかった。みんな『あ、タモリだ』ってなめ回すように見るのに(笑)」と言われてすごく衝撃的で、タモリさんにはそういうふうに映ってしまっているんだと思って。それからちゃんとしっかり見ようと思って(笑)。

 

―― 実際、見てなかったんですか。

久代 興味はあるけど、見てなかったんでしょうね。あんまりジロジロ見ちゃいけないって思ったのかもしれないです。

―― タモリさんは相手をよく見てらっしゃるんですねえ。

久代 タモリさんは「久代にはオンとオフがないな、いい意味で」と言ってくださるんです。やる気を出しちゃダメだというのが、いつもタモリさんがおっしゃっていたことで、「がんばってる、がんばってる、私、がんばってる」という人を見ていると疲れるんだと。入社したばかりで、あまり生放送のバラエティなんてやったこともないし、「段取り、段取り」とすごく緊張していた私に対して、「がんばらなくていい」「そのままでいい」と言ってくださったのが、すごく気持ちが楽になりました。「久代はそのままでいいんだよ」という言葉を今でも思い出して、大事にしています。

 

#2に続く)
写真=深野未季/文藝春秋


#2 『向上委員会』久代萌美アナ「さんまさんはずっと私を見てくれている」
http://bunshun.jp/articles/-/10443
#3 フジ久代萌美アナが語る結婚願望「ひとりでご飯を作っても寂しいので」 
http://bunshun.jp/articles/-/10445
につづく

くしろ・もえみ/フジテレビ・アナウンサー。1989年生まれ、東京都出身。2012年フジテレビ入社。現在の担当番組に『さんまのお笑い向上委員会』、『ワイドナショー』、『S-PARK』内ニュースなど。

この記事の写真(11枚)

+全表示