昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/06/01

常に松永のそばにいた純子の心理は……

 なぜここまで酷いことができるのか─。

 松永の犯行をトレースしながら、なんども独り言を呟いた。口を閉ざして頭の中だけで考えていると、全身に毒が回りそうな気がしたのだ。口に出して少しでも毒抜きをしておかないと、どんな酷いことに対しても無感覚になってしまうような、危機感を覚えた。

 それで耳かきの先くらいは、常に松永のそばにいた純子の心理を想像できたと思う。客観的に事件を追う私ですらそうなのだ。渦中にいた彼女が、いかに残酷な行為についての拒絶感を喪っていたことか……。

緒方純子

 かつて松永は面会する私に向かって平然と口にした。

「私はこれまで(裁判で)自分の主張じゃなく事実を言ってきただけです。もし一光さんがこの事件をやられるならば、少なくともこれまでのマスコミや、訳のわからない裁判所の判断に拘泥されることなく、フラットな気持ちで見て欲しい。私は証拠に基づかない主張はしません」

2階の部屋から飛び降りて逃走に成功した女性も

 祥子さんの死からほどなく、後に松永と純子の許から逃げ出し事件を発覚させた少女・広田清美さんとその父・由紀夫さんが囚われの身になった。同時に、松永は別の“獲物”を狙った。

 その女性、原武裕子さん(仮名)は、彼女の夫が由紀夫さんの親友という関係だった。松永と純子は詐欺目的で、由紀夫さんに同夫婦を紹介させるように仕向け、面識を得たのである。

 松永は1学年上で夫と子供のいる裕子さんに対し、京大を卒業した「村上博幸」と名乗り、現在は塾講師をやっていると説明して、悩みを聞くなど彼女の相談にのっていた。やがて常套手段である結婚をちらつかせて夫との別居を迫った。

 由紀夫さんの死(1996年2月)と緒方家の人々の殺害(1997年12月~)の間となるこの時期、松永は夫と離婚した裕子さんと同居した。1996年10月のことだ。そこで裕子さんから搾り取れるだけカネを奪った松永は、いきなり態度を豹変させた。

 自分の姉だと紹介していた純子とともに、裕子さんを殴り、手首に電気コードを巻き付けて通電を加えるなどの暴行を重ね、アパートの一室に監禁。室内に約3カ月半閉じ込められた裕子さんは、1997年3月に2階の部屋から飛び降りて逃走を図り、腰椎骨折や肺挫傷の重傷を負いながらも2人から逃げることができた。

 その後の彼女について、前出の記者は語る。

「逃走から5年が経っても、裕子さんは重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいました。松永が逮捕された後、警察が捜査協力を求めても、彼女は松永に対する恐怖心が消えず、小さな物音で躰がビクッと震えてしまうような状態でした。さらに監禁された部屋から逃げ出した際に、自分の幼い子供を置き去りにした(後に保護)。その罪悪感をずっと引きずっているのです」

 緒方家の親族6人が死亡した大量殺人から逮捕までの3年9カ月の間、松永と純子は変わらず“獲物”を求めて蠢いていた。