昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」7月号

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/07/14

 こんにちは、文春野球のコミッショナー村瀬です。フレッシュオールスターも、文春野球イベントも盛況のうちに幕を閉じました。誠にありがとうございました。

 さて、今月もコミッショナーだよりのお時間がやって参りました。6月はいい記事が目白押しでしたね。というわけで、今月のおしながきです。

1、6月終了時の順位
2、6月期の個人タイトル
3、おしえて監督10問10答
4、新人さんいらっしゃい!

1、6月終了時の順位

▼セ・リーグ順位表
1位― ヤクルト   24981HIT
2位― 横浜DeNA   23504 HIT
3位― 広島     20080 HIT
4位― 阪神     19976 HIT
5位― 中日     17182 HIT
6位― 巨人     8527 HIT
(7月1日0時 時点)

 セ・リーグは順位に変動なく東京ヤクルトが首位をキープ。2位横浜と3位広島の差が徐々に開きつつあります。4位阪神、5位中日は広島と三つ巴となって日替わりの激しい3位争いを行っています。そして最下位は巨人。今月もHIT数は伸びませんでしたが、徐々に上向いている傾向があります。皆さん頑張ってください。

▼パ・リーグ順位表
1位― 北海道日本ハム 23733HIT
2位― 埼玉西武    19069HIT
3位↑ オリックス   18196HIT
4位↓ ソフトバンク  17231 HIT
5位― 千葉ロッテ   11094 HIT
6位― 東北楽天    10795 HIT
(7月1日0時 時点)

 パ・リーグ首位のえのきど監督率いるファイターズは、一時期ヤクルトを抜かし念願だった12球団HIT数トップに躍り出るなど絶好調。追う2位埼玉西武は硬軟入り混じった凄まじい攻撃でファイターズを猛追。3位オリックスは二枚看板DOMIさんと木村幹先生の“DO-KAN砲”が炸裂。4位ソフトバンクも三位一体変幻自在。まだまだ優勝は諦めていません。5位千葉ロッテは堀選手温存で梶原さんが着実にHITを稼いでいます。東北楽天は今月も頑張りどころです。

2、6月期 個人タイトル

◆6月期 最優秀コラム賞

6月15日 「関西人は全員阪神ファンだと決めつけられるなか、オリックスファンはどう生きるか問題」
オリックス・バファローズ 木村 幹(2回目)

 交流戦での阪神タイガースとの対戦で指定された「関西対決」における作品。オリックスファンにとって関西以外よりも関西の方がアウェーという日常の悲哀を綴った木村教授の筆致に共感する声多数。今季の最大HIT数を叩きだした以上に、心に訴えかけてくる名文でした。ホークス・加藤淳也さんのも惜しかった。次回以降に期待です。

 また、えのきどいちろうさんの「『ヨシオカ、あの試合最高だったな』……大事なファイターズ応援仲間へ、別れの言葉」は、えのきどいちろうさんのTwitterを担当し、5月に急逝された吉岡信洋さんへの追悼記事でした。謹んでお悔やみを申し上げます。

◆6月期 ベストゲーム賞

6月22日 埼玉西武(中島大輔) 1562 ― 912 阪神(チャリコ遠藤)

 交流戦での指定対決、両者の希望によって「榎田大樹」となった対決は、西武の中島さんが現在の、阪神のチャリコさんが過去の榎田をそれぞれに書きました。球団を横断し、同じ選手を違う書き手が描く面白さが秀逸でした。チャリコ遠藤さんは、2カ月連続のベストゲーム受賞になります。

 続いて個人タイトル三部門の5傑です。

◆6月期 首位打者

セ・リーグ打率5傑
1位 .313 長谷川晶一(ヤクルト)
2位 .260 西澤千央 (横浜DeNA)
3位 .241 坂上俊次(広島)
4位 .228 黒田創(横浜DeNA)
5位 .224 チャリコ遠藤(阪神)

パ・リーグ打率5傑
1位 .285 えのきどいちろう(日本ハム)
2位 .249 田尻耕太郎(ソフトバンク)
3位 .227 河野万里奈(日本ハム)
4位 .207 河内一朗(東北楽天)
5位 .187 梶原紀章(千葉ロッテ)

6月期の月間首位打者は
セ・リーグ 長谷川晶一(ヤクルト)
パ・リーグ えのきどいちろう(日本ハム)

◆通算打率(規定打席3)

セ・リーグ打率5傑(6月30日現在)
1位 .250 長谷川晶一(ヤクルト)
2位 .247 ガル憎(広島)
3位 .236 チャリコ遠藤(阪神)
4位 .216 坂上俊次(広島)
5位 .195 若狭敬一(中日)

パ・リーグ打率5傑(6月30日現在)
1位 .295 上杉あずさ(ソフトバンク)
2位 .294 斉藤こずゑ(日本ハム)
3位 .259 青空百景(日本ハム)
4位 .246 えのきどいちろう(日本ハム)
5位 .207 河内一朗(東北楽天)

◆6月期 本塁打王

【セ・リーグ】
1 2592 西澤千央(横浜DeNA)「川崎の人妻からバファローズファンの大学教授へ ベイスターズの魅力を教えます」(6/4)
2 2565西田直斗(阪神)「“努力の人”だけではない 阪神・原口文仁の凄みと忘れられない寮でのできごと」(6/15)
3 2122 長谷川晶一(ヤクルト)「プロ人生の危機を乗り越えろ ヤクルト・廣岡大志が味わった“三つの屈辱”」(6/30)
4 2107 長谷川晶一(ヤクルト)「パ・リーグファンのみなさまへ 神宮球場『選手プロデュース弁当』の傾向と対策」(6/7)
5 1932 檜山靖洋(横浜DeNA)「気象予報士のベイスターズ予報 梅雨時に勝ち越すと日本シリーズに出られる!?」(6/12)

【パ・リーグ】
1 4301 木村幹(オリックス)「関西人は全員阪神ファンだと決めつけられるなか、オリックスファンはどう生きるか問題」(6/15)
2 3363 えのきどいちろう(日本ハム)「『ヨシオカ、あの試合最高だったな』……大事なファイターズ応援仲間へ、別れの言葉」(6/11)
3 2575 加藤淳也(ソフトバンク)「『今何してるんですか?』『フリーターです』  ホークスの寡黙な大エース・摂津正さんに会ってきた」(6/16)
4 2500 DOMI(オリックス)「横浜へと嫁いだ伊藤光 恩返しのホームランで呼びおこされた“ウチの子”の記憶」(6/7)
5 2185 斉藤こずゑ(日本ハム)「小笠原選手との別れ、大田選手、公文投手との出会い……ジャイアンツにしたい恩返し」(6/14)


通算本塁打セ・リーグ
1 3798 西澤千央(横浜DeNA)「『昇太、元気にしてますか。お母さん、最近思うんです』――ベイスターズ・今永昇太選手への手紙」(3/29)
2 3114 ガル憎(広島)「4月が来ると思い出す、一生懸命に生きた木村拓也の物語」(4/11)
3 2701 長谷川晶一(ヤクルト)「スワローズ公式ダンスチーム『Passion』の元リーダー・彩友さんが語る“背番号1”への思い」(4/18)
4 2592 西澤千央(横浜DeNA)「川崎の人妻からバファローズファンの大学教授へ ベイスターズの魅力を教えます」(6/4)
5 2565 西田直斗(阪神)「“努力の人”だけではない 阪神・原口文仁の凄みと忘れられない寮でのできごと」(6/15)

通算本塁打パ・リーグ
1 4301 木村幹(オリックス)「関西人は全員阪神ファンだと決めつけられるなか、オリックスファンはどう生きるか問題」(6/15)
2 3363 えのきどいちろう(日本ハム)「『ヨシオカ、あの試合最高だったな』……大事なファイターズ応援仲間へ、別れの言葉」(6/11)
3 3254 フモフモ編集長(埼玉西武)「ライオンズファンを二分する『1番・金子侑司を我慢できるか問題』について」(5/10)
4 2908 斉藤こずゑ(日本ハム)「レアードのことが忘れられない ファイターズに残したたくさんの『ダイスキ』」(4/24)
5 2599 フモフモ編集長(埼玉西武)「GWは魔法の王国・埼玉西武ライオンズリゾートでマジカルな休日を」(4/23)

6月期の本塁打王は
セ・リーグ 西澤千央(横浜DeNA)
パ・リーグ 木村幹(オリックス)

◆6月期 勝利数セ・リーグ

1位 4勝1敗  長谷川晶一(ヤクルト)

◆6月期 勝利数パ・リーグ

1位 2勝 かみじょうたけし(東北楽天)

◆通算勝利数セ・リーグ

1位 11勝3敗 長谷川晶一(ヤクルト)
2位 3勝1敗   若狭敬一(中日) 
        西澤千央(横浜DeNA)
3位 2勝1敗   桝本壮志(広島)
       ガル憎(広島)
    2勝2敗   オギリマサホ(広島)
       西田直斗(阪神)
    2勝3敗   チャリコ遠藤(阪神)


◆通算勝利数パ・リーグ

1位 5勝1敗  木村幹(オリックス)
2位 4勝0敗  えのきどいちろう(日本ハム)
       中島大輔(埼玉西武)
       加藤淳也(ソフトバンク)
3位 3勝0敗  フモフモ編集長(埼玉西武)
       上杉あずさ(ソフトバンク)
    3勝1敗 斉藤こずゑ(日本ハム)
        青空百景(日本ハム)
    3勝4敗 かみじょうたけし(東北楽天)

 受賞された皆さまおめでとうございます。