昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サンドウィッチマンがV1達成! 「好きな芸人」「嫌いな芸人」2018 ランキング公開

ダウンタウン、さんま、とんねるずは……

「好きな芸人」「嫌いな芸人」2019のアンケートを実施するにあたり、昨年の結果を全文公開します。アンケートの実施要項はこちら(https://bunshun.jp/articles/-/12836)から。なお、記事中の年齢や日付などは掲載時のものです。

(出典:「週刊文春」2018年11月22日号)

◆ ◆ ◆

 初の試みだった前回は芸人本人が自分の順位をテレビでネタにするなど反響が大きかった。今やバラエティだけでなくニュースやドラマにまで進出するお笑い芸人たち。その社会的影響力は大きくなっているが、お茶の間は彼らをどう見ているのか。最新の好感度調査!

2位を大きく引き離して堂々1位、サンドウィッチマン

 第2回となる芸人好感度アンケート。今回の回答総数はなんと4800超! 前回より1000以上も多く、注目度はさらにアップ。さっそく見ていこう。

 今回、好きな芸人の王座についたのは東北生まれの強面芸人、サンドウィッチマン。前回4位だった伊達みきお(44)と富澤たけし(44)のコンビは2位以下を大きく引き離し断トツの1位となった。

サンドは堂々の好き1位

「他人や弱者をからかった笑いではない。東北を盛り上げている」(47・女)

「深夜、仕事に疲れたときに、ユーチューブで彼らの動画を見ると、ホントに笑えて癒される」(61・男)

「人を貶める笑いをしない。学生がじゃれている感じで微笑ましく外見も含めて癒される」(44・女)

「加齢とともに笑いの沸点が高くなってしまったが、サンドのネタだけは、声を出して笑う」(47・男)

「笑いも凄いが人情味が溢れていて大好き!」(62・女)

「しっかり『芸』を持っている。一見こわもての外見だが、性格の良さも伝わってくる。コンビ愛もしっかりしていて長続きするコンビだと思われる」(67・男)

 下は17歳から上は79歳までがサンドを1位に選んだ。全世代に愛される彼らだが、本人たちからはこんな謙虚なコメントが。

「嬉しく思いますが、あまり実感がないです。聞いた人にたまたま東北の方が多かったんですかね」(伊達)

「ネタが面白いって言ってもらえるのは、嬉しいです」(富澤)

 シャイでちょっと頑固な東北人気質。ちなみに投票者のほとんどが、東北地方以外の居住者でした。