昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BEAMS×週刊文春 FASHION is SCANDAL!!

えっ! ビームス製かと思ってたのに……

安齋 みうら君とやってるユニット「勝手に観光協会」のユニフォームもビームスに作ってもらったよね。

永井 ……すみません! 実はあのブレザーは、制服屋さんで僕が買ってきたものなんです。間に合わなくて。エンブレムはうちで作ったものですけど……。

みうら えーっ! ずっと「これはビームス製だ」って思いながら着てたのに。帽子もあったよね?

永井 帽子も買ってきたものです。

安齋 マジ? ビームスで売ってる帽子じゃないの?

永井 売ってないです。

安齋 すごくいい帽子だったよ。長年使って汚れたから別のメーカーの帽子に取り替えたんだけど、1回洗ったらすごい縮んでさ。孫悟空の頭の輪みたいにキリキリ締め付けられて(笑)。

みうら 「やっぱりビームス製の帽子はいいよね」って言ってたのに(笑)。

永井 製作が間に合わない場合は、他所で買ってくるというスタイリストみたいなこともやっていたんです。

安齋 騙されてたよ~。

みうら まさか、僕の還暦のイベントのとき、安齋さんたちがビームスで作ってくれた真っ赤なジャケットも?

永井 あちらはちゃんとビームスで作ってます。

みうら よかった~(笑)。

安齋 あのジャケットは、いとう(せいこう)君の発案で山田五郎と渡辺祐と計画したサプライズプレゼントだったんだよね。こっそりみうら君のサイズを調べて。

 

永井 最初、裏地はみうらさんの作っているエロスクラップをプリントしたオリジナルの生地にしようという話が出ていたんです。

安齋 そうしたら、「それは下品だ」と言うメンバーが現れてね。山田さんも「わし、裏地にサインしたいわ~」って言い出して、エロスクラップ柄にしたらサインができないって、結局ヒョウ柄になった。ポケットやボタンの数からウエストの絞り方まで、メンバーの意見が生かされているジャケットなんですよ。みんなの意見がバラバラだったから、永井さんは調整するの大変だったと思うよ。

みうら 安齋さんがマネて書いたボブ・ディランのサインも入ってたよ。

安齋 ググッたんだけど、ディランのサインの画像ってなかなか出てこないんだよ。だから書くの苦労した。

みうら それに、もらっておいて難クセつけるのも悪いんだけど、腕の部分がピタピタで、下に服が着られないから、裸で着るしかない(笑)。

永井 ロッカーみたいなイメージというのを縫製屋さんに伝えたから、腕が細めになったのかもしれません。

みうら ロッカーだって痩せているとは限りませんから(笑)。

安齋 赤い帽子は、神戸の女優帽を作っているお店でオーダーしたんだよ。このときも、みうら君の還暦の誕生日当日に渡すって決まっていたから、間に合うかドキドキだった。でも永井さんは必ず間に合わせるから。

永井 いや~、買いに走ったりもしてますけど(笑)。