昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BEAMS×週刊文春 FASHION is SCANDAL!!

ももクロのTシャツは9000枚売りました

安齋 最近はロックバンドとコラボしたTシャツは出してないの?

永井 今はロックよりアイドル系ですね。ももいろクローバーZとかリリカルスクールとか。ももクロのTシャツは9000枚売りましたから。

みうら へえ~。

永井 ヤン富田さんやスチャダラパーとかのグッズは出してますけどね。

安齋 かせきさいだぁとか。ビームスにはサブカルチャーのニオイがする。メジャーな人しか作れなかったコラボグッズをマイナーな人とも作るというのはサブカルチャーだもんね。

みうら サブカルって「よく知られていないこと」だったから(笑)。

安齋 一部の人たちの間で盛り上がっていて、Tシャツを作れば1万枚売れるみたいな人が出てきているわけですよね。1万枚売れるってことは、もうメジャーですよ。メジャーの数が増加している今の土台を、ビームスが作ってきたんだと思うな。

みうら 今はマイナーとメジャーが合体して「マイジャー」みたいなことになってますから。

永井 あっ、ビームスでは「ビッグ・マイナー・スピリット」って呼んでいるんですよ。

みうら そこを何とか「マイジャー」に変えてもらえません? 広島弁みたいにも聞こえるし(笑)。

安齋 飯食ったときも使えるもんね「うマイジャー」(笑)。

みうら 久しぶりに安齋さんの駄洒落聞きましたよ(笑)。安齋さんは今までにビームスで何種類くらいTシャツ作っているの?

安齋 20種類くらいかな? 1年に1枚くらいだよ。

みうら もっとありそうだけどね。

永井 今回、文春とのコラボTシャツも作ろうと思っているんですよ。

みうら 胸のところに「週刊文春」が貼り付けてあって、めくって読めるのがいいな。電車で前に座っている人に読ませてあげるというTシャツにしてくださいよ。

永井 いいですねー、胸にクリアファイル状のものがついていて、入れ替えられたらいいですね。毎週違う和田誠さんの絵が楽しめる。

安齋 絶対売れなさそうだけど、それ作ってほしい!

写真=榎本麻美/文藝春秋

あんざい・はじめ 1953年東京都生まれ。主にイラストレーター、週1ソラミミスト。LINEスタンプ「ハロルド危機一髪」も大好評。

みうら・じゅん 1958年京都市生まれ。イラストレーターなど。「週刊文春」の連載をまとめた『ラブノーマル白書』(文春文庫)発売中。

ながい・しゅうじ 1963年東京都生まれ。ビームスクリエイティブディレクター。「TOKYO CULTUART by BEAMS」でキュレーションを行う。

週刊文春が迫る、BEAMSの世界。 (文春ムック)

週刊文春

文藝春秋

2019年10月29日 発売

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー