昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2019/10/31

西山 初回の例会から何もかも違うと思いました。私は緩くて、遊び大好きのような感じだったんですよ。中2の2月に編入する権利を得たんですけど、心の準備が欲しいなと思って、3月に入会したんです。初日、研修会のようにジーパンでファーのついたカーディガンでいったら、みんな学生服とかスーツだったんですよね。怒られはしなかったですけど、「次からは……」と注意されて、制服で行くようになりました。

 

里見香奈三冠と初めて戦った日

――奨励会の例会は、全員が和室に正座して、その前に幹事の棋士が座っていますよね。まず点呼があって、何か注意があったらして。そのなかで、女の子が一人だけカジュアルな服装は、さぞかし緊張しただろうと思います。

西山 私が入会したとき、幹事をやっていらっしゃったのは阿部隆(八段)先生と畠山鎮(八段)先生で、いま思えばとてもピリッと引き締まった空気でした。

――その後2011年、当時の里見香奈三冠が奨励会編入試験の相手になりました。里見さんとは初対局。西山さんは4級で、手合いは香落ちでした。

西山 あの日は確か、5月21日なんですよ。

――何で覚えているんですか?