昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2020/02/03

高野 まず自分が泳げないとダメですからね。昔は、ベテランにはベテランの将棋があるといって、荒れた海での将棋を若手相手に指すこともありましたが、藤井くんには、そういった戦いが通用しない。

――海での戦いになったら勝てないと。

高野 そう。藤井くんの対応能力の高さを見ると、まず勝てないでしょう。だから角換わりでも、まず組み合うほうがいいと判断する。またトップの棋士の場合は、これからもずっと当たりますからね。相手の得意戦法から逃げていられないんです。1回勝負ならいいけど、ずっと当たるので、逃げていられない。

 対藤井聡太戦への研究についての話に及ぶと、勝負師の顔をのぞかせて話す高野六段。「今までにないほど勉強している」という対藤井聡太戦へ向けての研究が、今期の好調の一因になっていることは間違いないだろう。

©文藝春秋

当日はいいスーツを着て行こうかなと

 さて2月4日の対局は、関西将棋会館で行われる。その日のスケジュールと、意気込みなどを最後にうかがった。

――当日は、どういったスケジュールなんですか?

高野 大阪での対局なので、前日に大阪入りして、近くのホテルに泊まります。それで対局後にもう1泊して帰る感じですね。

――藤井聡太七段と今まで話したことは?

高野 一回もないです。

――ないんですか(笑)。

高野 一回もない。見たことはありますよ。「あ、藤井くんだ」って(笑)。だから、藤井くんと当たることが決まったときは、他の棋士から「うらやましい!」と何度も言われましたよ。それだけ多くの棋士が認める存在なんです。

――対局前は、挨拶だけですか?

高野 そうですね。「おはようございます」で対局。

――では対局が終わって感想戦のとき、ちょっと話すくらい?

高野 そうですね。

――終わって「これからどう?」は?

高野 ないでしょう(笑)。もし豊川さんが大阪にいて「どう?」って声かけてもらったら、「待ってました!」とついていきますが(笑)。

©文藝春秋

――ははは(笑)。あと当日心がけることなどありますか。

高野 いいスーツ着て行こうかなと(笑)。今後これだけの注目を集める対局はそうそうないでしょうからね。

――そういえば教室(高野六段は、世田谷区などで子ども教室を長年開催している)の子どもたちには、藤井聡太と対戦することは伝えているんですか?

高野 対局前の土曜日に教室があるので、そこで「見るように」と伝えるつもりです。子どもたちのなかには、私が現役の棋士だと思っていない子もいる可能性が高いので(笑)。

◆ ◆ ◆

 高野六段は、今回、自分が藤井聡太との初対戦を控えて、初めて「みんなこれくらい気合を入れていたんだ」と感じたという。「藤井聡太戦には、いい将棋が多いですよね。あれは対戦相手が研究を重ねて、気合を入れて臨んでいるからなんですよ」というのは、対戦を間近にした棋士からの、実感のこもったことばだった。

 将棋の棋譜は二人で作るもの。

 藤井聡太戦を観るとき、対戦相手の研究やその胸の内にも思いを馳せると、いっそう対局を楽しめるのではないだろうか。

INFORMATION

 将棋の指導・普及に力を入れる高野秀行六段による著書『将棋の駒はなぜ歩が金になるの?』を1名様にプレゼントします。高野六段のサイン入りです。

 プレゼントを希望される方は、文春将棋のTwitterアカウントをフォローした上で、こちらのツイートをリツイートしてください(※応募〆切は、2月9日23:59まで)。厳正な抽選を行った上で、当選者にはDMでご連絡を差し上げます。

この記事の写真(10枚)

+全表示

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー