昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

2020/03/01

内海 いや、正直、まったく見てなかったです。セット裏の奥の方でネタ合わせをしてたんで。

駒場 僕ら、時間さえあればネタ合わせをしてたいんで。

「1本目のセリ上がりで一度死んで、違う人生を生きてるんかな」

――2本目の出来は、どうでしたか?

内海 あんま覚えてないな。

駒場 俺もそうやな。

内海 ただ、終わった瞬間、やり終えたという感じだったので、裏で「十分、十分」と言ってました。どこが優勝してもいい、と。十分、すばらしい大会だったな、と。

駒場 3位でも堂々と大阪に帰れると思ってたよな。

最終決戦で7票中6票を獲得して優勝した ©M-1グランプリ事務局

――最後の結果発表のとき、オール巨人さん、ナイツ塙さん、立川志らくさんと、3人続けてミルクボーイの名前を上げました。4人目、サンドウィッチマンの富澤(たけし)さんもミルクボーイを選んだ瞬間、優勝が決まりました。

内海 実感なかったですね。4票目、エーッ! ていう。

駒場 あれっ? って。

内海 1本目のネタのとき、セリ上がりのところで実は一度死んでいて、今、違う人の人生を生きてるんかな、みたいな。

駒場 何が何だかわからなくて、涙も出てこんかった。人間、びっくりし過ぎると、なんのリアクションも取れなくなるんですね。

「東京には進出しません」の真意とは?

――M-1優勝をきっかけに東京に進出するかどうか悩んでいたそうですが、結局、大阪に残留すると宣言されました。その気持ちは、今のところは……ということなんですか。

内海 いや、もう行かないです。先輩にも「今のタイミングで東京に行かなかったら、売れる気がないと思われるで」って言われたんですけど、僕らは漫才しかやりたいことがなかったんで。漫才するのにどっちがええかと考えたら、大阪にはNGKなどの大きな劇場もありますし、こっちにおった方がええやろうと。

――収入を考えたら、東京の方がぜんぜんいいと聞きますが。

内海 別にお金が欲しいとかもないんですよ。

駒場 優勝賞金で、今まで渡せんかった後輩の結婚祝いやら出産祝いを渡せたら、それでひとまずはええな、と。

内海 僕たち、変ですか?

 

【初回】史上最高M-1王者「なぜミルクボーイはずっと無名だったの?」本人たちに直撃

写真=山元茂樹/文藝春秋

ミルクボーイ/駒場孝(ボケ担当)と内海崇(ツッコミ担当)のコンビ。駒場は1986年2月5日大阪府出身、内海は1985年12月9日兵庫県出身。大阪芸術大学落語研究会で出会う。

 大学在学中の2006年に仮コンビとして「大学生M-1グランプリ」に出場し、優勝。同年、M-1グランプリにもアマチュアとして初出場し、2回戦進出。2007年7月にbaseよしもとのオーディションを受けるにあたって正式にコンビ結成。2010年、16年、17年、18年とM-1準々決勝進出。19年初の決勝で優勝を果たす。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー