昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

退所後の木下の行く末は?

 木下はTKOとして1990年にデビュー。2010年のキングオブコントでは3位に入るなどネタの評価は高く、また木下は俳優としても「警視庁ゼロ係」シリーズ(テレ東)などに出演。アパレルブランドのディレクターも務め、多方面で活躍していた。

「もともと遊びっぷりは派手で、いまも大阪の繁華街では肩で風切って歩いている。母親や兄弟も幅広く飲食店を経営するなど、金回りはいいはず」(同前)

“フリー芸人”木下の行く末はどうなるのか。

「かつて太平サブロー・シローは吉本から独立し東京進出したがうまくいかず、結局解散。事務所の後ろ盾抜きには営業の仕事も取り難い。綾野剛、三浦翔平など交友関係の広さを活かし、役者業に活路を求めるか。宮迫と同じくYouTubeを主軸にするのか。いずれにしろこれまでとは違う展開が必要」(前出・芸能デスク)

 一方の木本は3月6日の「あさイチ」(NHK)で「コンビは続けます」とコメント。TKO寸前に追い込まれている木下の命運を握るのは、結局相方なのかも。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー