昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/09

source : 週刊文春WOMAN 2019年正月号

genre : ライフ, グルメ, ライフスタイル, 読書

バターとだしが意外にも相性抜群の一杯

ベーコンとふわとろ卵のだし茶漬け

材料(1人分)
ごはん……1膳
卵……2個
ベーコン……50g(1cmに切る)
かつおだし……150cc
バター……10g
塩胡椒……適量

作り方
 フライパンにバターを熱し、ベーコンを焼く。ベーコンを端によせ、半熟状のスクランブルエッグを作り、塩胡椒する。熱々のごはんにスクランブルエッグとベーコンをのせ、だしをそそぐ。お好みで黒胡椒をかけても。

【ココがポイント】朝ごはんにもおすすめの洋風茶漬け
 ベーコンの代わりに納豆をトッピングしてもおいしい。だし茶漬けは懐が深く、洋風の具材もしっかり受けとめてくれる。

幾重にもうま味を重ねて奥深い味わいに

うま味の三重奏パスタ

幾重にもうま味を重ねて奥深い味わいに

材料(2人分)
スパゲッティ……160g
トマトの水煮缶……1缶
ニンニク……1片
かつお節……10g
パルミジャーノチーズ……好きなだけ
水……3リットル
塩……45g
オリーブ油……大さじ1

作り方
 先にソースを作る。フライパンにオリーブ油を熱し、つぶしたニンニクを入れて香りを出す。トマトの水煮缶とかつお節を入れて煮詰め、塩少々(分量外)で調味する。鍋に水を入れて火にかけ、沸騰させる。塩を加えてスパゲッティを茹でる。茹で上がったらソースとあえ、チーズをかける。

【ココがポイント】チーズにもうま味がたっぷり
 トマトに含まれるグルタミン酸にかつお節のイノシン酸、さらにチーズをトッピングすることでうま味が何倍にも増幅。