昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/09

Q2:セリは、北朝鮮で男性にモテるタイプか? 

 ジョンヒョクは、韓国の財閥令嬢・セリに惹かれていくが、北朝鮮男性にとって、南の女性はどのように映っているのか。

「たぶんセリは、北朝鮮男性にも人気のあるタイプです。セリのように白い顔に二重まぶたの大きな目は、北朝鮮では美人の必須条件です。本来は金正恩氏の夫人、李雪主(イ・ソルジュ)さんのように丸い顔を好むんですが、最近は韓国ドラマの影響か、韓国女優のように細長い顔も人気です」

丸顔の金正恩夫人・李雪主氏 ©getty

 二重まぶたが人気だという北朝鮮だが、意外にも、韓国同様に美容整形が盛んだという。

「北朝鮮の女性たちは、二重まぶたの整形手術をたくさんしています。韓国や日本のように美容整形外科はないので、一般の医師が病院から手術道具をこっそり持ち出して、自宅で手術を行います。中には、地方へ手術出張に出かける医者もいます。二重まぶたの手術費は、一般的に15ドル程度。北朝鮮の金で言うと約12万北朝鮮ウォンです。

 もちろん、このような手術は違法ですが、医師たちも給料だけでは生活できないため、皆アルバイトをしているのです。 最近平壌から脱北した友達の話を聞くと、数年前から鼻を高くする手術も人気だといいます。ただ、鼻の手術は100ドルほどかかるので、よほどの富裕層でなければできないそうです。

 ちなみに、花嫁候補も重視されるのは「経済力」です。北朝鮮でも教育熱が高いため、勤務後に自宅で子どもたちに勉強を教えてお金を稼げる、女性教員は人気があります。主に、英語や中国語、数学が人気です。もっともセリは金持ちの令嬢なので、それだけでも北朝鮮の男性にとって最高の花嫁だと思います(笑)」