昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/09

Q4:北朝鮮では本当に髪型に規定があるのか?

 ジョンヒョクがセリの長い髪を見て、「ここでは、こういうスタイルはいけない」といって、髪の毛を束ねてくれるシーンがあったが、実際にはどうなのか。

「北朝鮮では、本当にヘアスタイルや髪の長さについての細かい規定があります。ドラマにも出てきますが、床屋や美容室では、許されるヘアスタイルの種類が決まっています。

 北朝鮮では長い髪をほどいて、外を歩くことも禁止されています。長い髪は『健全な思想と革命意識を麻痺させるブルジョアの生活様式』とされているためです。女性にもショートヘアやおカッパスタイルを勧めているので、女性は髪を束ねたり、編んだり、アップにしたりして端正な髪形をしなければならない。既婚女性は、社宅村に住む大佐の妻、マ・ヨンエ(キム・ジョンナン)のような端正なパーマ、人民班長を務めるナ・ウォルスク(キム・ソニョン)のようなアップスタイルが多いですね。男性も耳を覆う長髪はできません。

マ・ヨンエ(右端)、ナ・ウォルスク(右から4人目)ら、社宅村の近所の女性たち(韓国tvNホームページより)

 それでも、韓国ドラマの影響で、韓国のヘアスタイルも流行っています。ストレートパーマをかけたり、セリやソ・ダン(ソ・ジヘ)のようなウェーブパーマも可能です。しかし、そんなヘアスタイルで外へは出られない。街のあちこちに立っている『規察隊』という取締員に取り締まられて、韓国でいう『社会奉仕』のような罰を受けます」

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー