昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

西島秀俊、岡田准一、小栗旬、竹野内豊、向井理……

24位 小栗旬(37)「男らしくて野心家」

「ファンではないけれど、つい作品を見たいと思う」(女・47)

「ワイルドで骨っぽくて俳優としても実力がある」(男・47)

小栗旬 ©getty

「男らしくて野心家なところ」(男・33)

「演技が上手く、出演していると話の面白味が増す。雰囲気もある」(女・47)

「やっぱかっこいい」(女・26)

21位 沢村一樹(52)「少し抜けた雰囲気と鬼気迫る演技」

「安定感のある演技が好き。出演作は全て観てしまう。期待を裏切らない」(女・57)

「好きで見ているドラマには必ず出ている。華があるし見ていて幸せになる」(女・54)

沢村一樹 ©文藝春秋

「『絶対零度』(フジテレビ系)の再放送を拝見しました。かなりインパクトがありリアリティを感じるいい演技、役柄でした。これまでのイメージは明るい雰囲気でしたが、今回は渋い感じが素敵です」(女・60)

「セクシーで色っぽい。ユーモアもあるからバラエティに出ても面白い。格好良くて下ネタ好きなんて最高! 俳優としてもどんな役でもこなせるし出演作が本当に楽しみ。スタイルも良いし完璧、大好き!」(女・53)

「少し抜けた雰囲気と、鬼気迫る演技のギャップがたまらない」(女・40)

「軽い感じで楽に見ていられる」(女・60)

「いい男ぶらないところが好き。一緒にいると楽しそう」(女・51)

「コミカルからシリアスまでどんな役でもこなす。人柄も良さそうで、どんな人とでも仲良くできそう」(女・40)