昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

西島秀俊、岡田准一、小栗旬、竹野内豊、向井理……

18位 竹野内豊(49)「あの渋い声で『おはよう』と言われたい」

「年々増す円熟味と大人の色気が堪らない。あの渋い声で毎朝『おはよう』と言われて起きたい」(女・28)

「声がよい。Yシャツの後ろ姿がピッとしている」(女・62)

竹野内豊 ©getty

「本物のイケメン。容姿はもちろん声も素敵」(女・40)

「シリアスな役もコミカルな役もでき、いろいろな面をその時々に見せてくれる。声も良い」(女・64)

「芝居が上手いとまでは思えないが、普通の男性を演じると素の魅力がある」(女・58)

「同性から見ても文句がつけようのない美形で憧れる」(男・33)

「独特の声で唯一無二の存在感。引き寄せられる魅力がある」(女・31)

「良い歳の取り方をしていると思う。俳優として勉強を怠っていない感じが好感もてる」(女・38)

「『義母と娘のブルース』(TBS系)のほんわかした旦那さん、『BOSS』(フジ系)のチャラいイケメンエリート、どちらも大好きな役でした。決して演技巧者ではないけれど、奇跡のアラフィフとして極めて貴重な存在!」(女・53)

18位 福山雅治(51)「年齢を感じさせない活躍」

「年齢を感じさせない素晴らしい男優であり、歌手です。最近放映されているNHKスペシャル『ホットスポット』での好奇心旺盛な取材もいいですね」(男・66)

「ガリレオこと物理学者・湯川学を演じ数々の難事件の解決の手助けをしたかとおもえば、『家族になろうよ』等のヒット曲を飛ばす。演じてよし、歌ってよしという活躍ぶり」(男・37)

福山雅治 ©JMPA

「とても端正な顔立ちで、演技もお上手で、ドラマの『ガリレオ』(フジ系)の湯川学など、奥深い人柄も演じられますので、今後も幅広い役柄の演技をとても期待しております」(女・73)

「『ラストレター』の気持ち悪い役がよかった」(女・40)

「イケメンな上、シンガー・ソングライター、DJ、映画、それに写真家として幅広く活躍する中、真面目で誠実な性格で他人への心遣いが出来る人だとおもいます」(男・70)