昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

西島秀俊、岡田准一、小栗旬、竹野内豊、向井理……

21位 竹内涼真(27)「令和の時代の二枚目」

「『テセウスの船』(TBS系)を見て素敵だと思った」(女・52)

「『テセウスの船』の田村心役の演技がとても感動します。歌も上手いしイケメンで今、大好きな俳優です」(女・47)

竹内涼真 ©文藝春秋

「いつも演技がうまいから」(女・22)

「令和の時代の二枚目俳優。カッコよさは半端ない」(男・56)

「性格がよい。演技も若手にしてはうまい」(女・58)

「さわやかな印象。若いので伸び代がある」(男・42)

「一生懸命な一途な演技に惹かれる」(女・40)

「真摯に演技に取り組んでいる様子に応援したくなる」(女・45)

21位 堺雅人(46)「長い台詞が似合う個性派」

「『半沢直樹』(TBS系)ははまり役です。久しぶりに見たドラマでした。昭和の『どてらい男』(フジ系)での西郷輝彦を思い起こさせてくれました。その他、映画『南極料理人』、『クヒオ大佐』などでも、良かったです」(男・54)

「出演作がどれもおもしろく、自身で選んで出ているのだろうから、作品を選ぶセンスも好き。『半沢直樹』がとても楽しみです」(女・35)

堺雅人 ©文藝春秋

「安定感があって好感がもてる。『半沢直樹』の続編がとても楽しみです!」(男・44)

「演技がうまくて、引き込まれる」(男・27)

「セリフ回しもわざとウザくするところはするし、アッサリと流すところは流す。演技力がある」(男・57)

「役に非常に向いた演技が出来る」(男・64)

「長い台詞が似合う個性的演技派で存在感がある」(男・65)

「癖のある役が多いが、本人は落ち着いた雰囲気で好きです」(女・51)

「コメディにおいてもシリアスなドラマにおいても通用する台詞回しの凄まじさ。唯一無二の俳優だと思う」(男・29)