昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

西島秀俊、岡田准一、小栗旬、竹野内豊、向井理……

 好評企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」アンケート。2020年4月20日まで92日間の投票期間で、13歳から91歳までの幅広い年齢層から多くの投票をいただきました。総回答数は4668票(男性約39%、女性約61%)。

好きな男優」「好きな女優」「嫌いな男優」「嫌いな女優」部門の上位15人まではそれぞれ別の記事ですでに発表されていますが、好評につき6月27日放送の「文春オンラインTV」では、各部門のベスト&ワースト30についても発表しました。

 今回は「好きな男優ベスト30」について、読者のみなさんから寄せられたコメントとともにランキングをみていきましょう。

27位 西島秀俊(49)「同性から見ても格好いい」

「独身の役柄でも既婚者の役柄でも、どちらも上手く演じられるところが好き。『きのう何食べた?』(テレビ東京系)で演じたゲイの役は特に素敵でした」(女・56)

「シリアスな役柄からの笑顔のギャップが良い!」(女・47)

西島秀俊 ©文藝春秋

「ダンディーでかっこいい」(女・35)

「口を結んだときの形が好きだなと、ドラマ『きのう何食べた?』を見たときに思った」(女・34)

「どんな役でもぴったりはまり役になれる」(女・25)

「落ち着いた雰囲気で見ていて安心する。演技も上手なので大好き」(男・23)

「顔立ちや声、カラダ……。どれをとっても同性の自分から見ても素直に格好いいと思える」(男・40)

「めちゃくちゃかっこいいし、アクションも凄い。作品に見入ってしまい何度でも見たくなる」(男・50)

27位 西田敏行(72)「怖い男から面白いオジサンまで」

「『釣りバカ日誌』のハマちゃんみたいな生き方に憧れます」(男・37)

「悪役がうまい」(男・83)

西田敏行 ©文藝春秋

「『釣りバカ日誌』のハマちゃんから、NHK大河ドラマまで幅広く演じられる安定感があります」(男・66)

「とにかく存在感がすごくて格好いい」(男・44)

「内面からの魅力を感じる」(男・49)

「『ドクターX』(テレビ朝日系)などで見せる、シリアスな演技での怖い男と、おちゃらけて笑いを取る面白いオジサンの両者を完璧に演じきれる数少ない俳優」(男・60)