昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

西島秀俊、岡田准一、小栗旬、竹野内豊、向井理……

24位 松重豊(57)「嫌味がない自然な演技」

「『孤独のグルメ』(テレ東系)で主演を務めるだけでなく、より広く世間に知られるようになり長年のファンとしては嬉しい限り。しかも、本来は大食いではないのでかなりストイックに撮影に挑んでいると知り、ますます好感を持ちました」(男・40)

「嫌味がない。自然な演技」(男・45)

松重豊 ©AFLO

「『孤独のグルメ』が好き。まさにはまり役で、この人の演技力で持っている。同様のドラマがどれ見てもあまり美味しそうじゃないのが、その証拠」(男・57)

「演技の幅が広く、苦労人なので嫌味もない」(男・42)

「これからの老け役が楽しみ」(男・82)

「名バイプレイヤーになりつつある。ラジオなどで垣間見える音楽の趣味もよい」(男・53)

24位 中井貴一(58)「日本映画界を背負って立っている」

「映画『記憶にございません!』が良かった。本当にうまい俳優」(男・64)

「どんな役でも完璧だと思う」(男・60)

中井貴一 ©文藝春秋

「絶対的にウマい。そして人の良さもにじみ出ています。日本の映画界を背負って立っている感じすらします。大御所感もありつつ親しみやすくて、『サラメシ』(NHK)のナレーションも秀逸。すべてマルチに完璧にこなす」(女・51)

「若いときからシリアスもコメディも達者な俳優さんでしたが、最近は円熟味も増して素敵です」(女・65)

「男前であるとかアクションができるとか、何か男優としての確たる特徴が言えないのに、きちんと主役ができるすごさ」(男・62)

「抜群の安定感と、こまわりのきく演技力。もうベテランといわれる年齢になったけど、若々しい機敏な動きもできるところに昭和の役者感を感じる」(男・52)

「時代劇で見た武将姿が堂に入っている」(男・65)