昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

内田篤人が電話で吉田沙保里に相談……井上尚弥ら“アスリートたちのステイホーム”を聞いてみた

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ, 社会, メディア, 娯楽, ライフスタイル

自粛中は何していた?元アスリートが取材した内田篤人、宮﨑大輔ら現役たちのステイホーム

 

アスリートだからこそ聞けることがある。

6月28日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)では、番組にゆかりのある元アスリートらが独自のネットワークを駆使し、現役アスリートを取材。自粛中の出来事や新しく始めたことなど、聞き手がアスリートだからこそ引き出せる、現役アスリートの素顔に迫った。

柔道・阿部詩は天然!?

ロンドン五輪柔道女子78キロ超級・銀メダリストの杉本美香さんがリモートでインタビューしたのは、京五輪柔道女子52キロ級日本代表の阿部詩選手。

2018年、2019年と世界柔道選手権大会で2連覇を果たし、東京五輪では金メダルを期待されている超新星だ。

 

まず、杉本さんが最初に聞いたのは「東京五輪の延期が決まったときの心境と今の心境」について。阿部選手は「延期になったので目標が変わったとか、やるべきことを見失うとかはなく、1年後もまだまだ自分は強くなれると思いました」と前向きに捉えているという。

練習している大学が閉鎖されたため、自宅でトレーニングをしているという阿部選手は、「柔道着の感覚を忘れたらいけないので、触ったり、握ったりしています」と明かす。実際に握っているところを見せてもらうが、手元がカメラに写らないというハプニングもあり、阿部選手の天然な一面を見せた。

自粛中は料理を始めたという阿部選手。「料理はしたことがなかったんですけど、親子丼を作って、料理は意外と簡単だなと。やってみることに意味はあるのかな」と話した。

さらに、料理以外では「家の掃除」をしているといい、「トイレを掃除したらキレイになる」と阿部選手が言うと、杉本さんは「掃除したら全部キレイになる!」と冷静にツッコむ。

阿部選手は「トイレを掃除したら顔が美しくなるって聞いたことないですか?」と話を続けていく。すると、「トイレを掃除したらかわいい子どもが生まれる」と近くで聞いていた阿部選手の母親が正確に伝わっていなかった“教え”を耳打ち。自身の勘違いに阿部選手は照れ笑いを浮かべていた。