昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載クローズアップ

「丁寧な暮らしではなくても」……「暮しの手帖」新編集長がチャレンジングなフレーズに込めた思い

北川史織(編集者)――クローズアップ

「丁寧な暮らしではなくても」――今年1月、リニューアルした老舗雑誌『暮しの手帖』の表紙を飾ったフレーズが話題を呼んだ。「丁寧な/ていねいな暮らし」という言葉は、料理などの家事や裁縫などの手仕事をきちんと心を込めて行い、生活を豊かに整える……といったイメージで、女性誌や書籍などでも定番のフレーズとなっている。「生活総合誌」として長年、「暮らし」を大切にする読者に支持されている『暮しの手帖』。その表紙に掲げるにはチャレンジングにも思える冒頭のフレーズだが、どのような意図があったのだろうか。リニューアル号から新編集長に就任した北川史織さんに聞いた。

「暮しの手帖」北川史織編集長 ©長嶺輝明

「私が入社した約9年前には、〈丁寧な暮らし〉という言葉は世間ではよく使われていました。いい言葉だな、暮らしを大切にして、1日1日を丁寧に送るのは大事だな、と思っていたのですが、次第に型にはまっていくというか、『丁寧な暮らしってこういうスタイルだよね』というような、どこか表面的な意味合いを帯びてきたように思います。昨年に自分が編集長を引き継ぐことが決まった時、『暮しの手帖』が〈丁寧な暮らし〉を標榜する雑誌だと思われているという自覚はありました。ただ、自分がそれを、この雑誌の看板にしていくのか? と考えた時、ちょっと違うなあ、と。なぜそう思うのか、リニューアル号の編集後記で書けたらいいな、と考えながら制作を進めていました」

 リニューアル号の巻頭記事のタイトルは当初、「ふつうの暮らしが愛おしい」というものだった。ところが……。