昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

最大のバブルから一転…コロナで岐路に立たされた歌舞伎町のホストたちに密着

最大のバブルから一転…コロナで岐路に立たされた歌舞伎町のホストたちに密着

 

新型コロナウイルスの影響で状況が一変したホスト業界。

8月20日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、新宿・歌舞伎町のホストクラブに約8ヵ月密着。新型コロナウイルスで“危険地帯”と化してしまった歌舞伎町のホストクラブで何が起きていたのか。地獄へと突き落とされてしまったホストクラブ、ホストたちの内幕に迫った。

1ホストを卒業して自分の店を開店

東京・新宿区、歌舞伎町。立ち並ぶホストクラブは約240店。約5000人のホストがしのぎを削るといわれている。

今回、密着したホストの一人、桐生レイラさん33歳。歌舞伎町最高峰のカリスマホストと呼ばれ、年間売り上げ1億円を何度も達したつわもの。日系ブラジル人の父とフランス人の母を持つ、超イケメンだ。

 

2月初旬。レイラさんは人生の勝負に出ようとしていた。業界大手のAIRグループの1ホストを卒業し、オーナーとして初めて自分の店「RHYTHM(リズム)」を開いた。

グランドオープン当日、歌舞伎町が誇る超人気のホストたちがお祝いに駆けつけた。

ゴージャスな雰囲気が漂う店内の広さは約260㎡。家賃は月200万円はくだらない。こだわりのシャンパンセラーや調度品はすべて自分で選び抜いたもの。

 

レイラさんは「お店の空間だけでも楽しめるように作りたかった。歌舞伎町でも天井が6メートル以上もあるホストクラブはなかなかないと思う。はっきりは言えないけど1億円は超えました」と明かす。

こうしたレイラさんの背中を若いホストたちは追っている。彼はホストたちの憧れの存在だという。

グランドオープン2日間の売り上げ目標1000万円は達成できなかったが、この時レイラさんは「今日足りなかった分は明日頑張って。売り上げはいつでも作れます」と前を向いていた。

 

レイラさんの家は、新宿区にある超高層マンション。広さ105㎡の2LDKで家賃は61万円。最近飼い始めたという、トイプードルのドルちゃんと一緒に暮らしている。