昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載DMM亀山会長に聞いてみた。

2020/10/28

カッコつけて器の大きなところを見せておいたほうがいい

 そして、それなら時代に合わせて、自分のほうを変えたほうが簡単だと考え直したんだ。「怖いものには逆らうより学べ」ってことだね。

 自分を脅かしそうなものを応援するのは勇気がいるけど、放っておいても、やる気のある若者は成長していく。そして、守りに入ったオヤジは老いていく。それなら、若者を育てるほうが、会社にとっても自分にとっても結局は得だと思うよ。

 大丈夫、恩を仇で返すやつなんてまずいないから。恩を受けても期待通りに返さないやつがいるだけ。それなら返ってきたらラッキーくらいの気持ちで、恩を売っておいても損はない。

 

 そもそも、保身に走る自分がさもしいと思ったから、こんな相談をしてるんだろ? だったら、罪悪感を覚えながら生きるより、カッコつけて器の大きなところを見せておいたほうがいい。

 明朝、部下に「責任は俺が取るから、思いきってやってみろ!」と言ってあげな。少なくとも君自身は「俺ってかっこいい」と思える。部下がどう思うか、将来どうなるかは保証できないけど、今の自分を肯定することができる。

 ま、自己満足が一番の幸せのもとってことかな(笑)。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー