昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/03

妻も裸の状態で……

 iPhoneにはFaceTimeというテレビ電話のアプリが標準で入っています。これは相手の姿形を画面で見ながら会話を楽しむことができる便利なツール。妻と男はこれを使ってやり取りをしていたようで、その中身は完全に常軌を逸していました。

つよぽん「おっぱい見た~い!」「いくところ、ちゃんと見せろよ」
エリリン「気持ちいい?大きくなってる?一緒になれてうれしい」

 そんなふうに卑猥な言葉を交わしていたのですが、卑猥なのは言葉だけではありませんでした。FaceTimeに映っていた男はもちろん、妻も裸の状態で、どちらも自慰行為をしながら、互いにその淫らな様子を見せ合っていたのです。

 確かに不倫の場合、普通の恋愛と比べ、会いたいときに会えないことが多く、直接会って性交渉する機会は限られるのですが、それにしても……です。

「とにかく屈辱的でした。今までの結婚生活が全否定されたような気がして、もうプライドはズタズタですよ」

写真はイメージです ©iStock.com

 孝治さんは受け入れがたい妻の姿を運悪く目にしてしまったときの心境について、そう振り返ってくれました。FaceTimeでの一部始終が、あろうことかパソコン上に同期され、動画データとして保存されていたため、発覚した悲劇。夫婦は長男が産まれてから現在まで、ほとんど夜の生活がなかったようで、まるで自分への「あてつけ」のように感じられ、怒りを通り越して虚しい気持ちに……。

ラブホテル街での待ち合わせを発見

 さらに、直近のLINEトークでは、こんなやり取りが行われていました。

「エリリンはいつもどういう感じ? デートしてから、そういうところ、でしょうか? それとも食事してから、でしょうか?」

「つよぽんに任せるよ。食事やデートはどっちでもいいよ」

 ここでいう『エリリン』とは妻の呼び名。そして『そういうこと』が性交渉を指していることが行間のニュアンスから読み取れます。

写真はイメージです ©iStock.com

 夫の目を盗んで2人が肉体関係を結ぼうと企んでいることが発覚したのです。孝治さんが引き続きLINEのトークを追っていると、どうやらエックスデーは次の木曜日。デートも食事もせず、いきなり本番行為に及ぶべく、ラブホテル街のコンビニで待ち合わせをする約束を取り付けたところまで追跡できました。

 孝治さんは有給をとり、その場所へ急行しようとしたのですが、いかんせん、ラブホテル街には同じ系列のコンビニが複数存在し、LINEのトークだけでは待ち合わせ場所をピンポイントに特定するに至らなかったのです。