昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載サウナ人生、波乱万蒸。

2020/11/15

神乃湯温泉が誕生。「震災で温泉掘削が可能になった」

 震災を経験し新たな施設として生まれ変わることを決意した神戸サウナ。

 米田は父と共に今までできなかった様々な改革に着手する。

「まず温泉の掘削に着手しました。温泉を掘りたいという計画はずっとあって。でも営業しながら温泉を掘るというのはほぼ不可能にちかい。繁華街ですから、温泉を掘るといっても周りに対する色んな問題もありましたので。それが震災で温泉掘削が可能になったんです。うちだけでなく周辺も含めて倒壊してますから。それで掘削したら温泉が湧出しました」

地下1,004メートルから湧出した天然温泉。かつてこの地域は生田神社の神域であったことから、「神乃湯温泉(かみのゆおんせん)」と命名されている。灘の銘酒に使われる宮水を生み出す六甲山地より湧出している
露天風呂。サウナも温泉も手抜かりがない。もちろん最高の外気浴スペースでもある

「大人のディズニーランドをここに作ろう」

「昔の神戸サウナというのは、非常に人気店ではあったんですけれども、特に決まったコンセプトがなかったんです。昔は。終電後にいらっしゃったお客様が床で、廊下で、隙間があれば寝てる。夜中なんかもうここは戦場か?というぐらい、どこでも人が寝ているような状況だったんですね。

 新築するにあたってまず頭をよぎったのが、『同じようなサウナ施設はもう作りたくない』ということでした。せっかく再建するのなら、2ランク、3ランク上のサウナを作りたいと思いまして。それで結構色んな視察に行ったんです。本物ということでいうとじゃあまず原点はフィンランドだねとか、ドイツだねとか、というようなことで行きましたし。あとはディズニーランドとか、そういうところも見に行って。お客様へのサービスという点においては、結構参考になるような部分がありましたね。だから、大人のディズニーランドをここに作ろう、みたいな感じで色んなことを考えましたね」

1年を通じて11.7℃に設定してある露天水風呂
ここでととのわない人がいたら会ってみたい

 昔ながらの庶民のための街場のサウナが、本物志向の意識の高いサウナへと転身を図る。

 普通に考えれば、常連客やなじみ客の反発も容易に想像がつく。しかし、米田の志はゆるがなかった。

INFORMATION

神戸サウナ&スパ
住所 兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目2-10
電話 078-322-1126/レディスフロア078-322-1726
料金 サウナ&スパ(最大 午前8:00~翌午前10:00)2,700円、リフレッシュ(8:00~翌5:00で最大1時間)1,700円ほか
※営業時間などの最新情報は公式HPをご確認ください。
http://www.kobe-sauna.co.jp/

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー