昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本の大部分は小汚い者達です」 1999年、池袋通り魔事件犯人が手紙に書いた“異常性”

『私が見た21の死刑判決』より#7

2020/11/21

source : 文春新書

genre : 社会, 読書

 1999年9月8日正午前、人通りの絶えることのない東京・池袋で起きた通り魔殺人事件。包丁と金槌で次々と通行人を襲い、死者2名、重軽傷者6名の被害者を出した。犯人は池袋駅前で取り押さえられ、その場で警察に逮捕された。それから3ヶ月半が経った12月、東京地方裁判所に池袋の通り魔が姿を現した。

 その公判廷の傍聴席にいたのが、ジャーナリストの青沼陽一郎氏だ。判決に至るまでの記録を、青沼氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の1回目。後編を読む)

◆◆◆

犯行の2年前の手紙

 ここで検察官は、不思議な資料を証拠として提出してきた。

 そんなこともあるのかと、傍聴席で驚いたことを覚えている。

 犯行の2年前の夏、造田博は衆議院や裁判所、在日外国大使館や官公庁などに宛てて、手紙を出していた。その文面をみれば、悪戯と思って破棄してしまっても致し方のないようなものなのだが、律儀にも外務省だけが、この手紙を大切に保管していた。それが事件後に捜査機関の証拠となって披露されることになった。

©iStock.com

 その文面というのが、以下のようなものだった。

『日本の大部分は小汚い者達です。この小汚い者達は歌舞伎町で、人間でなくなっても、動物でなくなっても、生物でなくなっても、存在しなくなっても、レイプし続け、暴行をし続けると言っています。存在、物質、生物、動物が有する根本の権利、そして基本的人権を剥奪する能力を個人がもつべきです。この小汚い者達には剥奪する必要があります。

 国連のプレジデントに届けて下さい。

 Hiroshi Zota  造田博』

『Breathing OK, は愛情です。

 国連のプレジデントに届けてください。世界中のプレジデントの方々に届けました。国際平和に役立ててください。強力な後押しになります。

 Hiroshi Zota  造田博』

『世界中で見られる、生まれながらの精神障害者、奇形児の方々はすべて、歌舞伎町で会ったことが原因で患者になっています。だから私は日本で生まれることにしました。

 私と関係があるという理由で、この小汚い者達はA子さんという女性を世界中の人達、私の目の前でレイプしようとしています。

 国連のプレジデントに届けて下さい。

 Hiroshi Zota  造田博』

(注:『A子』は実在の人物)

『助けて下さい。造田博にレイプされました。僕の彼女も造田博にレイプされました。造田博が僕の彼女のお腹に子供を作りました。世界中の人たちに助けてもらいます。国際裁判をします。僕達にはどうすればいいのかわかりません。お知えて下さい。国連の親父たちに言ってもらいたい。

 造田○○(注:兄の名前)と彼女』