昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2位 名探偵コナン

 1996年にTV放送が開始した「名探偵コナン」。劇場版は春の風物詩となり、右肩上がりで興行収入を伸ばし続けています。「ルパン三世」や「市川海老蔵」などとのコラボにも積極的で、ファン層を広げ続けています。

「名探偵コナン 緋色の弾丸」公式サイトより

「エンタメ・教育用漫画としても価値あり」(女性・35)

「土曜日の夕方はこれ! という定番アニメだけど、毎回複雑な謎が好奇心をくすぐります」(女性・26)

「一話完結が基本だがストーリーものとしての魅力もある。完結まで追いたい」(男性・29)

「劇場版の『ベイカー街の亡霊』は素晴らしい出来です。コナンらしからぬストーリーの深みがあります」(女性・35)

「大人から子供まで皆に愛され、これだけ長く毎年映画化されているアニメは見たことが有りません」(男性・46)

「推理をすることも面白いのですが、新一と蘭などの登場人物達の恋愛模様も私が好きな理由の1つ。まるで恋愛ドラマのような感じもする」(女性・18)


1位 鬼滅の刃

 第1位は、現在まさに一大ブームを巻き起こしている「鬼滅の刃」でした。2019年のTV版放送開始から一気に火がつき、原作漫画が今年5月に終了してからもその勢いは止まらず、劇場版「無限列車編」が日本のあらゆる興行収入記録を塗り替えています。投票の中でも、若年層から圧倒的な支持を受け、普段はアニメを見ないけれど「鬼滅の刃」だけは特別という声も多く聞かれました。アニメの枠を超えて社会現象になっていることを見せつけました。

劇場版「鬼滅の刃無限列車編」 公式サイトより

「とにかく炭治郎の澄み切った心が心地よく、周りの人間も彼に感化され、良い方向へ引っ張られていく。アニメのクオリティも申し分なく、声優の起用法も意図的だなぁと感じた。鬼が超大御所ばかりで、それに立ち向かう若手や中堅という構図が現実とリンクしている」(女性・40)

「個々のキャラクターの小道具や服装などがお洒落で好きです」(女性・50)

「アニメのストーリーと主題歌が最高に合ってて相乗効果でテンションがどんどん高くなる。敵側も単なる悪者という描き方ではなく回想で深堀してくれるとこが全体の完成度が高いと思います」(女性・64)

「鬼退治の話の中に家族愛、友情、鬼側の事情など丁寧に描かれていて、アニメを観ながら号泣することもしばしば。アニメも綺麗だし、この歳にしてびっくりするくらい夢中になりました。映画も最高でした」(女性・54)

「煉獄さんの声優さんの熱演で、初めて声優の演技ってすごいなと思った」(女性・48)

「制作会社のすばらしい背景や動きで引き付けられる作品でした。声優の方も合ってて続きを見たいです」(女性・48)

「子ども達に買い与えたコミックを読んで、すっかりハマってしまいました。それからアニメを見たのですが、映像の美しさと原作に忠実で世界観が変わらないところが素晴らしいと思います」(男性・60)

「鬼は敵だけど最期にそれを包み込む炭治郎の優しさで救われたりするところが好きです。柱も強いだけではなくてみんないろいろ背負っていて、応援したくなります」(女性・41)

「絵に力があり、家族愛をベースとしながら鬼に堕ちる理由、殺すことで救われる魂なども丁寧に描かれているところに愛を感じます。我妻善逸のキャラクターもとても好きです」(男性・58)

「緻密で、言葉の力も感じる」(女性・50)

「親子で共通の話題ができる素晴らしい作品です」(女性・43)

「転職活動中に炭治郎の負けん気に元気付けられました(笑)」(男性・24)

「アニメから漫画を見るようになりました。映画も友達と一緒に観に行きました。竈門 炭治郎が好きすぎて自分で服作っちゃいました」(女性・26)

 

 たくさんの投票、ありがとうございました。