昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2021/01/15

——「意地悪な目線で笑わせたい」は自覚的だったんですか?

清水 いやいや、意地悪なのは後で分かったことで。自分としては表現しているつもりだったけど、後で考えたら「あれっ、これ意地悪じゃない?」という感じ。最初から目指すとあんまり面白くないと思います。「毒舌やりますよ」っていうお笑いの人も昔いたの。だけど、自滅する。やっぱり難しいんですよね。

——自覚してなかったからよかった。

清水 そうですね。無自覚な意地悪さ(笑)。

——それって……一番意地悪なやつですね(笑)。

清水 悲しい。一番ダメ。一生治らない。

芸人の原点はタモリさんのコンサート

 ——清水さんの芸人の原点はどこだったんでしょうか。

清水 若い頃にタモリさんのコンサートに行ってすごい感動しちゃって、タモリさんみたいなこと……音楽とお笑いの両方をやりたいと。それでタモリさんのことを調べていったら、高平(哲郎)さんという放送作家がいるということが分かって、それでラジオや雑誌に投稿し始めて。やりたいことがだんだん決まっていったという感じなんですけど。

——タモリさんのコンサートに行ったのは何歳くらい?

清水 19、20歳ぐらい。10代の感受性の財産ってありますよね。私より年配の方でモノマネをやっている人も、10代の頃に影響された人のモノマネだとすごい生き生きするんですよね。逆に無理やり米津玄師をやり始めても「あんまり咀嚼してないな」っていう感じが出てしまう。

 

——清水さんは10代の頃どういうものが好きでしたか?

清水 シンガーソングライターがとにかく好きでした。ユーミンさんや矢野(顕子)さんの歌詞をよくノートにそのままコピーしたり。ピアノももちろんコピーしたり。そういうことに夢中でしたね。自分で詞も書き曲も作りそれを歌うという人が、歌謡界ではそれまでいなかったんですよ。

——今の清水さんにつながるところですよね。作家も演者も自分。

清水 そうそう。意地悪くなきゃいいと思うんだけど(笑) 。

——桃井かおりさんだったりユーミンだったり、清水さんがモノマネをする女性は「強い」イメージがあります。

清水 そうそう。権力のある人はすごい好きですね。意地悪な意味でね(笑)。瀬戸内寂聴さんとか、小池百合子さんとか。