昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

タイトルの古さに比べ、意外と中身は…“ウチカレ”「恋愛」より「友情」に注目すべき理由

2021/02/03

source : 提携メディア

genre : ライフ

話題の“ウチカレ”は母娘関係に注目 北川悦吏子の真骨頂は実は友情物語!?

 菅野美穂主演の連続ドラマ“ウチカレ”こと「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」がなかなかおもしろい。ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」(18年上半期)などを手がけた北川悦吏子脚本のオリジナル作品。

 実は放送前、タイトルを知ったときは少しギョッとしました……。娘の恋愛事情を毒親のように危惧し、恋愛を強要する毒親の話……? これ、古い価値観てんこ盛りの作品なのでは……? と。

 しかし! 実際放送が始まってみるとそれは間違いで、タイトル以上の豊かな広がりのある作品であることがすぐ分かりました。恋愛しない人生が肯定される時代であっても、もちろん恋愛をしてもいいし、ラブストーリーというジャンルの存在価値はまだまだある。そのわけを、同ドラマと過去の北川悦吏子ドラマを掘り下げながら考えてみました。


菅野美穂と浜辺美波がトモダチ親子に

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」オフィシャルブログより。

 本作は「働きマン」(07年)、「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」(09年)、「曲げられない女」(10年)で水曜10時枠の主演を張ってきた菅野美穂と、昨年「私たちはどうかしている」(20年)で同枠初主演を果たした浜辺美波が母娘役で共演。

 水曜10時に放送される日本テレビ系「水曜ドラマ」は、週の真ん中に元気を与えてくれる、“働く女性”をターゲットにした作品が多い枠。そこで実績のある菅野美穂と、新星の浜辺美波、このタッグが見られるのはとても嬉しい限りです!

 まずドラマのイントロダクションを簡単に説明すると、「恋愛小説家の母・水無瀬碧(菅野美穂)と、しっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波)のそれぞれの恋愛模様を描くラブストーリー」となっています。

 2人は隠し事なく話ができ、腕を組んで歩ける、いわゆるトモダチ親子のような関係性。文部科学省の調査では、現在友達のような母親でいたい親というのは83.2%にのぼっているので、これは今のリアルな理想を叶えた設定のよう。

 しかしトモダチ親子という存在は、過干渉になる母娘の共依存関係の問題をはらんでいるので、現実は賛否が分かれるところ。なぜなら母親が子どもを自分の支配下に置いてコントロールすることもあるから……。