昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, 映画, 社会, メディア, テレビ・ラジオ, 娯楽

【2位 龍馬伝(2010年 主演:福山雅治)575点】

 坂本龍馬(福山雅治)33年の生涯を岩崎弥太郎(香川照之)の視点から描いた『龍馬伝』。脚本家の福田靖は、ドラマ『ガリレオ』を手がけた縁で知り合った福山雅治に、自ら主演を依頼したという。主演のスター性は絶大で、「かっこいい」「演技が良い」「はまり役」といったコメントが多く寄せられた。

「新しい時代を前にした志士たちの生き様が目に焼き付いています。土曜日の前週再放送も欠かさず観ていました」(34・女性)
「これまで観た坂本龍馬の中でベスト。盟友である武市半平太役の大森南朋、岡田以蔵役の佐藤健も素晴らしい演技で、時代劇であることを忘れてしまうくらい物語に入り込めた」(52・男性)
「激動の時代を生きた男たちの群像劇として最高。映像のほの暗さも効果的だった」(59・男性)

『龍馬伝』主演の福山雅治 ©文藝春秋

 龍馬を愛し支えた女性たちの存在にも注目が集まった。

「寺田屋事件で、風呂場から襦袢1枚で襲撃の危機を知らせに行った妻・お龍。『私も一緒に戦います』という真木よう子さんにしびれた」(58・女性)
「芸妓・お元の蒼井優がはまり役。龍馬のことを『おめでたい方』と鼻で笑う様子にも気品があった」(37・女性)

お龍を演じた真木よう子 ©文藝春秋

 同じ時期に土佐に生まれた龍馬と弥太郎。史実では大きな接点がないように見えるが、2人の友情と愛憎を打ち出したのも、大河ドラマならではの演出だ。

「親しみがありつつスケールの大きい福山・龍馬とどこまでも人間臭い香川・弥太郎のかけ合いが秀逸でした」(46・男性)
「子どものような無邪気さと男らしい魅力を兼ねそなえた福山雅治の好演はいうまでもなく、岩崎弥太郎が龍馬の暗殺を嘆いている様子に切なくなった」(72・女性)