昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 著者は語る

体重90キロの“メンヘラ引きこもりニート”女性が「生き延びるための婚活」をした結果

著者は語る 『ウツ婚!!』(石田月美 著)

『ウツ婚!! 死にたい私が生き延びるための婚活』(石田月美 著)晶文社

「初めにお伝えしておきたいのは、本書は決して、結婚を勧めている本ではない、ということです」

 精神科に通いつつ婚活、結婚した経験を綴った『ウツ婚!!』の著者、石田月美さんは開口一番にこう言った。幼少期から周囲と馴染めず、高校を中退、家出少女として過ごした。高卒資格を取り、大学に入学するも、摂食障害を患う。大学を中退し、〈メンヘラ引きこもりニート〉になった。1日の始まりは午前1時。両親が寝静まってから、過食するための食料をコンビニに買い出しに行くのだ――。

「精神的な病を患っている人に対して、身体と生活のケアって見過ごされがちなんです。病気なのは精神の方でしょ、と考えられているから。でも本当は、まず身体と生活のケアが先なんです。なぜかというと、私たちは罪悪感から身体のメンテナンスを避けがちだからです。『無職の私がエアコンを使っちゃいけない』というように。また、お風呂に入るとフラッシュバックが起きやすかったり、私のように過食の症状がある人は歯磨きができなかったりします。生活の一つ一つが大仕事なんです」

 90キロの体重と精神科の診察券を持っていた月美さんは、27歳の時、主治医の「結婚すれば?」の一言から、「結婚」を考えてみることにする。

「自分の将来が全く見えない不安もありましたし、当時は自分の居場所は精神科にありました。そういうところで友だちもできるのですが、精神科に通っている人って、異性関係のトラブルが多いんです。それはなぜなんだろう、ということも含めて『婚活』という軸を通して考えてみることにより、一定の方向性が見えるのでは、とも思いました」