昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上彰氏の考える新疆ウイグル問題「今後は人権侵害を続ける中国のオリンピックに参加して良いのかという声が…」

池上さんに聞いてみた。

2021/03/03

Q ウイグルの不妊治療問題、どうして加速?

「一人っ子」政策を廃止し、国全体の不妊手術が減少傾向にある中国ですが、新疆ウイグル自治区では不妊手術が急増しているというニュースを見ました。多民族国家と言われる中国で、どうしてウイグル民族だけがこうした状況にあるのでしょうか。(60代・男性・無職)

トルコや香港など、世界中でウイグル弾圧に対する抗議デモがおこっている ©️AFLO

A 中国共産党が指示しているからです。

 中国共産党は、自分たちより上位の存在を許さないのです。キリスト教のカトリック教会も、ローマ教皇に忠誠を誓う教会は自由な宗教活動ができないので、いわば「地下教会」のような状態に追い込まれています。まるで「隠れキリシタン」です。

 ローマ教皇に忠誠を誓うということは、中国共産党より上位の存在を認めているからです。中国国内で活動が認められている教会は、中国共産党の指示に従うところだけです。

 新疆ウイグル自治区のウイグル人たちは、ほとんどがイスラム教徒。アッラーが至上の存在です。神を信じ、共産党を下に見るようなことは許されないのです。

 中国共産党は、こうした指摘を「ウソだ」と否定していますが、だったら海外のメディアに自由に取材させればいいのです。自由な取材を認めないでおいて、海外のメディアの報道を否定するのでは説得力がありません。

北京オリンピック開会式の様子 ©️JMPA

 今後は、「重大な人権侵害を続けている国のオリンピックに参加していいのか」という声が高まってくるでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー