昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2021/04/25

豪快な指し回しの西山さん

――2位が西山さんでした。先日、奨励会を退会されたことに触れたコメントが多かったですね。ひとつ紹介します。

〈この投票の最終日である今日、奨励会の退会を発表された西山先生。三段リーグで次点をとったのは2019年ですが、2020年度も男性棋戦、女流棋戦問わず快刀乱麻の活躍をされました。女性が男性棋士と互角以上に戦うのが当たり前になるなんて、私が観る将になった4年前には考えられませんでした。ファンを喜ばせたのはもちろん、女流棋士の先生方にも勇気を与える存在だったのではないかと思います。女流棋士となっても男性棋戦に参加はできますし、変わらず応援していきたいです〉(49歳/女性)

西山朋佳女流三冠©文藝春秋

――西山さんの将棋って面白いですよね。

深浦 面白いですねぇ。あんなにぶん回して。ぶん回してって「丸太」じゃないですよ(笑)。別のものですよ。いや豪快ですごいですよね。だいたいあんなに振り回したら疲れちゃうし。

遠山 現代じゃなかったら、もっと早く棋士になって大活躍していた気もします。現代の将棋は序盤から研究が進んでいるので、西山さんみたいな将棋は少し不利だと思うんですよね。昔は振り回してバンバン勝つ人はいっぱいいましたから。今は序盤の研究が厳しくなっているので、なかなか振り回せない。それでも豪快な指し回しで勝っているので、少し時代に恵まれなかったのかなと思います。

深浦 たしかに。

遠山 西山さんって、人柄と棋風が全然マッチしていないですよね。普段はおしとやかな感じなんですよね。

――3位は、里見香奈さんです。コメントご紹介します。

〈第47期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第2局で、対局開始前に黒いマスクに濃紺のパンツスーツ姿で入室するシーンは、凄みを感じさせるオーラをまとっていて格好良すぎた。YouTubeで姉妹で10秒将棋を指した時のほんわかして爆笑する姿とのギャップにやられた〉(47歳/女性)

里見香奈女流四冠 写真提供:日本将棋連盟

――このYouTubeは、妹の里美咲紀女流初段がされているものですよね。

遠山 彼女の大食いの動画すごいですよね。あの細い体でよく食べられますよね。もともとは、BSフジの番組『白玲~初代女流棋士No.1決定戦~』で里見姉妹の密着取材があり、咲紀さんが回転寿司を50貫食べたんですよね。ただ、26貫食べた香奈さんも、普通に考えたら相当すごいですよ(笑)。

深浦 自分もあれ、見とれちゃうんですよ。咲紀さんが動画あげたら必ず見ています。